先輩の声

将来、事務部門の要になるために 事務部門 村山 忠 CERIの仕事
事務部門の役割

作業風景  事務部門は、本部でCERI全体や部門を管轄する部署と、全国の事業所で事業所運営を管轄する部署の2種類があります。
 私は久留米事業所総務課に所属しており、管理職を除き、4人の職員で業務を行っています。
 総務課の業務は、事業所全体の人事労務や経理、購買(試薬や消耗品等の購入)、お客様の試験サンプルの受付等を行っています。
 その中で、現在は社会保険事務を中心とした人事労務業務と経理業務(現金出納、請求書の計上等)を担当しています。

コミュニケーションが重要

 採用から5年間は、本部にある総務部で勤務していました。機構全体に関連する仕事が多く、事務部門の業務の総論を学ぶことができました。
 久留米事業所に転勤してからは、現場に密接した仕事が多く、多数の職員と関わりながら進める必要がある仕事が中心です。そのため、フットワークを軽くし人とコミュニケーションを取りながら仕事に取り組むようにしています。

人事制度の設計も担当

 今までで一番やりがいを感じたのは、総務部で新しい人事制度設計を担当したことです。上司であった人事課長や総務部長と相談して、新制度の勤務形態や報酬等を考え、新たな社内規程を制定しました。労働基準法や関係法令に抵触しないように、判例を調べたり、労働基準監督署に確認したりして、検討を重ねました。
 自分が作成した案が役員会で承認され、制度化されたときには、苦労を忘れるほどの達成感を得ることができました。

ワークライフバランス

 決算期で多忙な時期もありますが、ワークライフバランスは十分に保てています。残業を極力行わずにプライベートの時間を確保できるよう、スケジュール管理を徹底し、効率的に仕事に取り組むよう心掛けています。年次休暇も取得しやすく、オンとオフの切り替えがしっかりできているように感じています。

将来は、事務部門の要に

 これまでに総務部と久留米事業所で経験したことを活かしながら、さらに多くの部署で知識や経験を積み、機構全体の事務部門業務が見渡せる職員になりたいです。

CERIを志望される皆さんへメッセージ
   

 事務部門は直接収入を得る部署ではなく目立ちませんが、法人運営の様々な分野に携わることができます。財務・税務等予算決算に関する業務、職員全体の給与、社会保険、労務管理、研修・採用等の人事関連業務のほか、事業所の庶務、経理、購買の業務などがあり、担当業務をローテーションしながら、多くのことを経験していきます。
 私も人事制度設計を担当したように、若手のうちから大きな仕事を任せられることがあります。大変なときもありますが、成長を実感でき、やりがいを感じることができる職場です。

 
 
 
1日のスケジュール
プロフィール
 

法学部政治学科卒。大学では憲法、国際政治論、政治思想史を中心に学んだ。ゼミはジェンダー政治学を専攻し、男女共同参画社会について研究した。