研究開発・支援等

  1. Home
  2. 研究開発・支援等
  3. 研究開発
  4. 研究業績

研究開発

研究業績

ページの先頭へ戻る

平成27年度 論文発表 等

No. 発表者名 タイトル 題目・雑誌名
15-01 隠塚 オープンロールにおけるゴムの熱的挙動 日本ゴム協会誌, 88(4), 130-135 (2015)
15-02 仲山 加硫ゴムの定量的劣化分析法 日本ゴム協会誌, 88(6), 221-226 (2015)
15-03 進藤 比重最小の難燃性ゴム 日本ゴム協会誌, 88(7), 248-249 (2015)
15-04 隠塚 カーボンブラック(フィラー)の分散性評価 日本ゴム協会誌, 88(9), 380-384 (2015)
15-05 三輪ら 高分子材料における添加剤の基礎知識と分析技術(T報) 塗装工学, 50(10), 343-348 (2015)
15-06 三輪ら 高分子材料における添加剤の基礎知識と分析技術(U報) 塗装工学, 50(11), 360-368 (2015)
15-07 隠塚 フィラー分散性が成形加工性に及ぼす影響 日本ゴム協会誌, 89(4), 115-120 (2016)
15-08 S.Miwa et al Characterization of ozone-charged compolsite of crosslinked polydimethylsiloxane with silica in water Polymer Degradation and stability, 128, 193-199 (2016)
15-09 渡邊ら ゴム・プラスチックの異物同定のための前処理と分析方法 ぶんせき, 12月号, 525-531 (2015)
15-10 C.Rauert et al DIRECT CONTACT BETWEEN DUST AND HBCD-TREATED FABRICS IS AN IMPORTANT PATHWAY OF SOURCE-TO-DUST TRANSFER The Science of the Total Environment (Elsevier), 545-546, 77-83 (2016)
15-11 田原 JCSS標準物質の供給拡大 標準物質協議会会報, 73, 16 (2016)
15-12 S.Shibayama et al Metal free columns for determination of deoxynucleotidemonophosphate by liquid chromatography/mass spectrometry andapplication to oligonucleotide Determination Journal of Chromatography A, 1406, 210-214 (2015)
15-13 Y.Tsubokura et al Combined repeated dose and reproductive/developmental toxicity screening test of 4-methoxy-2-nitroaniline in rats Drug and Chemical Toxicology, 38, Issue4, 361-374 (2015)
15-14 J.Takeshita et al Criteria for deviation from predictions by independent action and concentration addition models Environmental Toxicology and Chemistry, 35(7), 1806-1814 (2016)
15-15 R.Nabeoka et al Effect of Test Concentration in the Ready Biodegradability Test for Chemical Substances: Improvement of OECD Test Guideline 301C Environmental Toxicology and Chemistry, 35, 84-90 (2016)
15-16 縄司 ヒト健康影響スクリーニングを目的としたゼブラフィッシュ胚毒性試験への取組 安全性試験受託研究機関協議会会報, 第28号, 58 (2016)
15-17 藤島ら 14種のキノロン化合物の光細胞毒性及び光遺伝毒性 安全性試験受託研究機関協議会会報, 第28号, 92 (2016)
15-18 坪倉ら 揮発性化学物質のための物理化学的パラメータ予測値を用いるAmes試験法選択基準の構築 安全性試験受託研究機関協議会会報, 第28号, 93 (2016)
15-19 坪倉 皮膚感作性試験代替法Direct Peptide Reactive Assay(DPRA)の紹介 安全性試験受託研究機関協議会会報, 第28号, 73-75 (2016)
15-20 H.Matsumoto et al Applicability of CARCINOscreen®, a gene expression based prediction method for carcinogenicity, to SD and Wistar rats The Journal of Toxicological Sciences, 40(6), 805-807 (2015)
15-21 S.Ishii et al Investigation of the amount of transdermal exposure of newborn babies to phthalates in paper diapers and certification of the safety of paper diapers Regulatory Toxicology and Pharmacology, 73, 85-92 (2015)
15-22 菊野 ICH M7をふまえた変異原性予測・評価の実践〜変異原性情報収集及びQSAR/in silico 法の特性、データ解釈と評価〜 ICH M7 変異原性不純物の開発段階からの評価・管理〜(Q)SAR/in Silico予測・評価とデータ解釈、評価時の判断基準〜, 第5章 (2015)
15-23 K.Yamashita et al Differences in gene expression profiles in liver caused by different type of anesthesia; cases of CO2-O2 and isoflurane The Journal of Toxicological Sciences, 40(6), 829-836 (2015)
15-24 石井ら 消費者製品中化学物質のリスク評価−衛生用品中パルプ由来のダイオキシン類を対象として− マテリアル ステージ, 15(6), 69-75 (2015)
15-25 石井ら 労働安全衛生法改正に伴う化学物質のリスクアセスメント義務化(第1回)リスクアセスメント実施義務化の概要 マテリアル ステージ, 15(8), 71-73 (2015)
15-26 石井ら 労働安全衛生法改正に伴う化学物質のリスクアセスメント義務化(第2回)化学物質のリスクアセスメント支援ツール マテリアル ステージ, 15(10), 62-64 (2016)
15-27 石井ら 労働安全衛生法改正に伴う化学物質のリスクアセスメント義務化(第3回)化学物質のリスクアセスメント支援ツール マテリアル ステージ, 15(12), 64-66 (2016)
15-28 H.Abe et al Deveropmental cuprizone exposure impairs origodendrocyte lineages differenntially in cortical and white matter tissues and suppresses hippocampal interneuronal glutamatergic signals and synaptic plasticity in rats Toxicology and Applied Pharmacology, 290, 10-20 (2016)
15-29 北村ら 改正労働安全衛生法のリスク評価 2016年6月から始まる化学物質等のリスクアセスメントとラベル表示とは? : 労働安全衛生法に関わる化学物質等のリスクアセスメントの指針及び通達からわかること 化学装置, 57(12), 45-52 (2015)
15-30 H.Abe et al Cuprizone decreases intermediate and late-stage progenitor cells in hippocampal neurogenesis of rats in a framework of 28-day oral dose toxicity study Toxicology and Applied Pharmacology, 287(3), 210-221 (2015)
15-31 H.Yamanaka et al Identification of sheep red blood cell (SRBC) surface immune-responsive peptides detected by antisera from SRBC-immunized rats The Journal of Toxicological Sciences, 41(1), 13-16 (2016)
ページの先頭へ戻る

平成27年度 口頭発表 等

No. 発表者名 タイトル 発表先 発表年月
H27-01 山中ら 新開発:安定エフェクター細胞株を用いた抗体医薬品の活性測定 日本薬学会第136年会 2016年3月
H27-02 坂牧ら メタルフリーカラムとアセチルアセトンを移動相添加剤として使用したリン脂質の高感度分析法の開発 日本薬学会第136年会 2016年3月
H27-03 中島ら 原生動物食作用阻害試験(PPI test)に関する基礎データ収集 第50回日本水環境学会年会 2016年3月
H27-04 仲山ら The Influence of Exposure to High-Pressure Hydrogen Gas in Silica-Filled EPDM 水素先端世界フォーラム2016 HYDROGENIUS研究シンポジウム 2016年2月
H27-05 渡邉ら メチルニトロソウレアのラット妊娠期及び授乳期暴露による海馬ニューロン新生への影響 第32回日本毒性病理学会学術集会 2016年1月
H27-06 阿部ら 髄鞘傷害物質クプリゾンの28日間反復投与ラットにおける脳部位での網羅的遺伝子発現解析 第32回日本毒性病理学会学術集会 2016年1月
H27-07 中野ら LC/MS/MSを用いた様々な化合物に対するメタルフリーカラムの有効性評価(第2報) 第21回LCテクノプラザ 2016年1月
H27-08 齋藤 遺伝子発現解析によるメカニズムベースの毒性評価 日本動物実験代替法学会第28回大会 2015年12月
H27-09 松本 遺伝子発現解析による発がん性予測への挑戦 日本動物実験代替法学会第28回大会 2015年12月
H27-10 的場ら タウンシューズの耐滑性についての検討(その1) 一般社団法人日本ゴム協会 第27回エラストマー討論会 2015年12月
H27-11 生永ら 成形加工時の劣化検出に関する検討 一般社団法人日本ゴム協会 第27回エラストマー討論会 2015年12月
H27-12 近藤ら 中・低圧水素ガスによる都市ガス配管材料の劣化に関する研究 一般社団法人日本ゴム協会 第27回エラストマー討論会 2015年12月
H27-13 岩瀬ら 湿度コントロール下における加硫ゴムのオゾン劣化挙動 一般社団法人日本ゴム協会 第27回エラストマー討論会 2015年12月
H27-14 仲山ら シリカ配合EPDMの高圧水素曝露による劣化現象(6)〜繰り返し曝露による物理的、化学的劣化〜 一般社団法人日本ゴム協会 第27回エラストマー討論会 2015年12月
H27-15 町田ら シリカ配合EPDMの熟成による影響 一般社団法人日本ゴム協会 第27回エラストマー討論会 2015年12月
H27-16 坪倉ら 各種Ames試験法における揮発性化学物質のばく露濃度(気・液・固相分配)の実測検証 日本環境変異原学会第44回大会 2015年11月
H27-17 石井ら ECETOC TRAを用いたエチルベンゼンの個人ばく露濃度の推定に関する検討 日本リスク研究学会第28回年次大会 2015年11月
H27-18 近藤ら 中・低圧水素ガスによる都市ガス配管材料の劣化に関する研究 一般社団法人プラスチック成形加工学会 第23回秋季大会 2015年11月
H27-19 仲山ら 加硫成形時の未加硫ゴム中の水分が寿命に及ぼす影響 一般社団法人プラスチック成形加工学会 第23回秋季大会 2015年11月
H27-20 八木原ら ポリロタキサンを共架橋させたエラストマーの作製と物性評価 一般社団法人プラスチック成形加工学会 第23回秋季大会 2015年11月
H27-21 岩瀬ら ゴム支承におけるワックスのブルーム挙動と低温環境下におけるオゾン劣化の関係 一般社団法人プラスチック成形加工学会 第23回秋季大会 2015年11月
H27-22 坂牧ら LC/MS/MSを用いた動物用医薬品等の成分分析におけるメタルフリーカラムの有効性 第110回日本食品衛生学会学術講演会 2015年10月
H27-23 中野ら グリホサート、グルホシネート及び代謝物分析に関するメタルフリーカラムの有効性評価 第38回農薬残留分析研究会・第33回農薬環境科学研究会(合同開催) 2015年10月
H27-24 H.Kojima et al Update for Japanese Project “ARCH-Tox” for the Future Chemicals Management Policy: Research and Development of in vitro and in vivo Assays for Internationally Leading Hazard Assessment and Test Methods The American Society for Cellular and Computational Toxicology (ASCCT) 2015年10月
H27-25 尾崎ら メタルフリーカラム及びアセチルアセトンを用いたLC/MSによるグリセロリン脂質の高精度・高感度リピドミクス 第9回メタボロームシンポジウム 2015年9月
H27-26 H.Abe et al Evaluation of developmental neurotoxicity of cuprizone as a demyelinating agent in a framework of 28-day repeated oral toxicity study 13th European Congress of Toxicologic Pathology (ESTP) 2015年9月
H27-27 Y.Hasegawa-Baba et al Different Toxicity Targets in the Hippocampal Neurogenesis by Developmental and Postpubertal-stage Exposure to Valproic Acid in Rats 13th European Congress of Toxicologic Pathology (ESTP) 2015年9月
H27-28 A.Shiraki et al Immunohistochemical Detection of Aberrant Neuronal Development Induced by 6-Propyl-2-thiouracil (PTU) in the Framework of Developmental Neurotoxicity study and 28-day Toxicity Studies Using Rats 13th European Congress of Toxicologic Pathology (ESTP) 2015年9月
H27-29 和田ら ポストカラム塩素付加−LC/MS法による食品中の糖質の分析 日本分析化学会第64年会 2015年9月
H27-30 奥園ら 生物応答手法と化学分析を組み合わせた新しい排水の安全性評価への取組み〜全排水毒性(WET:Whole Effluent Toxicity)手法〜 日本分析化学会第64年会 2015年9月
H27-31 久樂ら フサゲモクズを用いた底質長期毒性試験−2,8-ジメチルジベンゾチオフェンの低質影響評価− 第21回日本環境毒性学会研究発表会 2015年9月
H27-32 鈴木ら 食品包装に使用されるポリスチレンから抽出したスチレンオリゴマーの遺伝毒性 日本食品科学工学会第62回大会 2015年8月
H27-33 樽木ら 生分解性試験用活性汚泥の菌叢解析及び分解活性の比較 環境バイオテクノロジー学会2015年度大会 2015年6月
H27-34 宮本ら ヒトiPS細胞由来神経細胞のグルタミン酸応答に関する基礎的検討−CSAHi 神経細胞性状解析 第42回日本毒性学会学術年会 2015年6月
H27-35 篠澤ら ヒトiPS細胞由来心筋細胞の網羅的遺伝子発現解析−CSAHi 第42回日本毒性学会学術年会 2015年6月
H27-36 阿部ら 髄鞘傷害物質クプリゾンのラットへの発達期暴露による脳部位での網羅的遺伝子発現解析を用いたニューロン・グリア発達障害指標の検出 第42回日本毒性学会学術年会 2015年6月
H27-37 齋藤ら ヒトiPS細胞由来肝細胞(iPSC-Hep)の安全性研究への応用のための品質マーカー遺伝子探索 第42回日本毒性学会学術年会 2015年6月
H27-38 前田ら Murine local lymph node assay(LLNA)を応用した新規光アレルギー試験法の開発 第42回日本毒性学会学術年会 2015年6月
H27-39 坂本ら 多層カーボンナノチューブによるラット中皮及び肺増殖性病変誘発に対するphenyl N-tert-butyl nitrone(PBN)の影響 第42回日本毒性学会学術年会 2015年6月
H27-40 F.Saito Development of mechanism based detection system for chemical-induced hepatotoxicity using gene expression analysis The meeting of the Extended Advisory Group on Molecular Screening and Toxicogenomics (OECD) 2015年6月
H27-41 坂牧ら LC/MS/MSによるメタルフリーODSカラムのグリセロリン脂質分析への応用 第63回質量分析総合討論会 2015年6月
H27-42 小林ら 新たなS-S曲線解析手法による高分子材料評価 一般社団法人プラスチック成形加工学会 第26回年次大会 2015年6月
H27-43 近藤ら 高圧水素曝露後EPDMの劣化評価(2)〜カーボンブラックと水素特性の関係〜 一般社団法人プラスチック成形加工学会 第26回年次大会 2015年6月
H27-44 飯塚ら 促進暴露試験における水負荷がポリプロピレンの光劣化に及ぼす影響 一般社団法人プラスチック成形加工学会 第26回年次大会 2015年6月
H27-45 堀米ら 劣化したフェノール系安定剤の酸化防止効果の評価 一般社団法人プラスチック成形加工学会 第26回年次大会 2015年6月
H27-46 三輪ら 次亜塩素酸ナトリウム水溶液中で劣化したシリコーンエラストマーの構造解析 一般社団法人プラスチック成形加工学会 第26回年次大会 2015年6月
H27-47 仲山ら 高圧水素曝露後EPDMの劣化評価(1)〜シランカップリング剤と水素特性の関係〜 一般社団法人プラスチック成形加工学会 第26回年次大会 2015年6月
H27-48 仲山ら 酸化防止剤の劣化に伴う構造変化に関する研究 一般社団法人プラスチック成形加工学会 第26回年次大会 2015年6月
H27-49 飯塚ら 促進暴露試験における光と水による相乗効果がPPの劣化に及ぼす影響 一般社団法人日本ゴム協会協会2015年年次大会 2015年5月
H27-50 坂アら 熱酸化劣化したシリコーンゴムの構造解析 一般社団法人日本ゴム協会協会2015年年次大会 2015年5月
H27-51 八木原ら エラストマーに対する高分子ロタキサンの添加効果(U) 一般社団法人日本ゴム協会協会2015年年次大会 2015年5月
H27-52 岩瀬ら 低温下におけるジエン系加硫ゴムのオゾン劣化メカニズムと対策に関する研究 一般社団法人日本ゴム協会協会2015年年次大会 2015年5月
H27-53 仲山ら シリカ配合EPDMの高圧水素曝露による劣化現象(5)〜シリカ量、シランカップリング剤と水素特性の関係〜 一般社団法人日本ゴム協会協会2015年年次大会 2015年5月
H27-54 坪倉ら 食品包装に使用されるポリスチレンから抽出したスチレンオリゴマーの変異原性 第109回日本食品衛生学会学術講演会 2015年5月

ページの先頭へ戻る

平成26年度 論文発表 等

No. 発表者名 タイトル 題目・雑誌名
14-01 Honda, M. et al Identification of Perfluorooctane Sulfonate(PFOS) Binding Proteint in Plasma of Tiger Pufferfish Takifugu rubripes Ecotoxicology and Environmental Safety, 104, 409-413 (2014)
14-02 井上 化学物質審査規制法 最新 材料の性能・評価試験技術, 602-607 (2014)
14-03 Nakayama, K. et al Uptake and biological effects of synthetic glucocorticoids in common carp(Cyprinus carpio) Marine Pollution Bulletin, 85, 370-375 (2014)
14-04 中井 毒性試験 最新 材料の性能・評価試験技術, 第10章4節, 621-626 (2014)
14-05 北野ら 水生生物にとって安全・安心な水とは 生物応答を用いた排水評価・管理手法の国内外最新動向〜海外の運用事例から日本版WETの導入の動き・対策まで〜, 309-322 (2014)
14-06 三輪ら オゾン水処理による架橋シリコーンゴムの劣化における化学的変化 日本ゴム協会誌, 87(5), 161-167 (2014)
14-07 高橋ら OECD化学物質対策の動向(第24報)−第3回OECD化学物質共同評価会議(2012年ルツェルン) 化学生物総合管理学会誌, 第10巻, 第1号, 25-36 (2014)
14-08 松本ら OECD化学物質共同評価プログラム:第5回化学物質共同評価会議概要 化学生物総合管理学会誌, 第10巻, 第1号, 37-45 (2014)
14-09 西野 JCSS標準ガス及び国際基幹比較に関する取り組み 計測標準と計量管理, 64(1), 18-23 (2014)
14-10 松浦ら 生物応答を用いた排水試験法(検討案)の概要と試験実施上の留意点 生物応答を用いた排水評価・管理手法の国内外最新動向〜海外の運用事例から日本版WETの導入の動き・対策まで〜, 271-282 (2014)
14-11 菊地 安全性試験(揮発性物質、溶出試験、製品安全試験) 最新 材料の性能・評価試験技術, 608-614, 615-620, 627-638 (2014)
14-12 高橋ら OECD化学物質対策の動向(第25報)−第4、5回OECD化学物質共同評価会議(2013年パリ、ワシントン) 化学生物総合管理学会誌, 第10巻, 第1号, 46-57 (2014)
14-13 内田 第274回液体クロマトグラフィー研究懇談会報告 ぶんせき, 7月号, 389-390 (2014)
14-14 Matsumoto, H. et al CARCINOscreen®:New short term prediction method for carcinogenicity of chemicals based on hepatic transcript profiling in rats The Journal of Toxicological Sciences, 39(5), 725-734 (2014)
14-15 石橋ら 福岡県の希少野生生物(貝類) 福岡県レッドデータブック2014 -爬虫類/両生類/魚類/昆虫類/貝類/甲殻類その他/クモ形類等-, 口絵Y・Z, 173-241 (2014)
14-16 石橋ら 福岡県の希少野生生物<普及版>(貝類) 福岡県レッドデータブック2014 -爬虫類/両生類/魚類/昆虫類/貝類/甲殻類その他/クモ形類等-, 46-60 (2014)
14-17 Tsubokura, Y. et al Combined repeated dose and reproductive/developmental toxicity  screening test of 4-methoxy-2-nitroaniline in rats Drug and chemical toxicology, 4, 1-14 (2014)
14-18 Shinohara, N. et al Dose-dependent clearance kinetics of intratracheally  administered  titanium dioxide nanoparticles in rat lung Toxicology, 325, 1-11 (2014)
14-19 狩野ら 表面改質MWCNT配合によるEVAナノコンポジットの難燃性向上に関する研究 プラスチック成形加工学会誌, 27(5), 197-202 (2015)
14-20 宮浦 我がラボ十八番 一般財団法人化学物質評価研究機構 安研協会報, 第27号, 79 (2015)
14-21 Sakamaki, H. et al Evaluation of column carryover by duplicated solvent gradient method in liquid chromatography/tandem mass spectrometry Analytical Sciences, 31(2), 91-97 (2015)
14-22 WET手法を用いた新たな排水管理法の紹介 和光純薬時報, 83(1), 2-4 (2015)
14-23 小林ら ナノ材料の気管内投与試験の試験法標準化に向けた検討 〜投与器具及び投与液量の影響〜 安研協会報, 第27号, 110 (2015)
14-24 奥園 工場排水の自主管理に向けた提案 安研協会報, 第27号, 95-99 (2015)
14-25 Nakai, M. et al Genotoxicity of styrene oligomers extracted from polystyrene intended for use in contact with food Toxicology Reports, 1175-1180 (2014)
14-26 稲井 一般財団法人化学物質評価研究機構(会員録) 安研協会報, 第27号, 134-137 (2015)
14-27 近藤 プラスチックのクリープ試験 プラスチックス, 61(1), 125-130 (2015)
14-28 三輪 オゾン水中におけるゴム材料の劣化挙動と解析 プラスチック成形加工学会誌, 27(5), 184-187 (2015)
14-29 Shinohara, N. et al Pulmonary clearance kinetics and extrapulmonary translocation of seven titanium dioxide nano and submicron materials following intratracheal administration in rats Nanotoxicology, DOI:10.3109/17435390.2015.1015644 (2015)
14-30 楠本 ガスクロマトグラフ質量分析計による溶剤中の微量水分の定量分析 環境と技術, 42(5), 47-54 (2015)
14-31 Sakamaki, H. et al Evaluation of column hardware on LC-MS of phosphorylated compounds Journal of Chromatography A, 1381, 125-131 (2015)
14-32 Akane, H. et al Downregulation of immediate-early genes linking to suppression of neuronal plasticity in rats after 28-day exposure to glycidol. Toxicology and Applied Pharmacology, 279(2), 150-162 (2014)
14-33 Shiraki, A. et al Expression alterations of genes on both neuronal and glial development in rats after developmental exposure to 6-propyl-2-thiouracil. Toxicol Letters, 228(3), 25-234 (2014)
14-34 Akane, H. et al Glycidol induces axonopathy and aberrations of hippocampal neurogenesis affecting late-stage differentiation by exposure to rats in a framework of 28-day toxicity study. Toxicol Letters, 224(3), 424-432 (2014)
14-35 Akane, H. et al Gene expression profile of brain regions reflecting aberrations in nervous system development targeting the process of neurite extension of rat offspring exposed developmentally to glycidol. Journal of Applied Toxicology, 34(12), 1389-1399 (2014)
14-36 Abe, H. et al Developmental exposure to cuprizone reduces intermediate-stage progenitor cells and cholinergic signals in the hippocampal neurogenesis in rat offspring.  Toxicol Letters, 234(3), 180-193 (2015)
14-37 Shiraki, A. et al Gene expression profiling of the hippocampal dentate gyrus in an adult toxicity study captures a variety of neurodevelopmental dysfunctions in rat models of hypothyroidism.  Journal of Applied Toxicology (2015)
ページの先頭へ戻る

平成26年度 口頭発表 等

No. 発表者名 タイトル 発表先 発表年月
H26-01 小山ら 海底質中有害化学物質の新規毒性試験 平成27年度日本水産学会 2015年3月
H26-02 坂牧ら LC/MS/MSによるメタルフリーカラムの性能評価 日本薬学会第135年会 2015年3月
H26-03 仲山ら Evaluation of EPDM Exposed to High-Pressure Hydrogen Gas   〜Influence of Carbon Black〜 水素先端世界フォーラム2015 HYDROGENIUS研究シンポジウム 2015年2月
H26-04 小林ら ナノ材料の気管内投与試験における投与器具及び投与液量の検討 第31回日本毒性病理学会学術集会 2015年1月
H26-05 阿部ら ラット28日間反復投与試験の枠組みでの海馬ニューロン新生に対する脱髄誘発物質Cuprizoneの障害性の検出 第31回日本毒性病理学会学術集会 2015年1月
H26-06 中野ら LC/MS/MSを用いた様々な化合物に対するメタルフリーカラムの有効性評価 第20回LCテクノプラザ 2015年1月
H26-07 坂牧ら バイオコンパチブルLC/MS/MSによるメタルフリーカラムのキャリーオーバーの減少 第25回クロマトグラフィー科学会議 2014年12月
H26-08 M.Hond et al Identification of Perfluorooctane Sulfonate Binding Protein in Plasma of Tiger Pufferfish 環境ホルモン学会 第16回研究発表会 2014年12月
H26-09 仲山ら シリカ配合EPDMの高圧水素曝露による劣化現象(4)〜シランカップリング剤と水素特性の関係 一般社団法人日本ゴム協会 第26回エラストマー討論会 2014年12月
H26-10 坪倉ら 揮発性化学物質のための物理化学的パラメータ予測値を用いるAmes試験法選択基準の構築 日本環境変異原学会第43回大会 2014年12月
H26-11 藤島ら 14種のキノロン化合物の光細胞毒性及び光遺伝毒性 日本環境変異原学会第43回大会 2014年12月
H26-12 矢口ら 残留塩素による加硫ゴムの劣化に伴う黒粉現象の定量化に関する研究 一般社団法人日本ゴム協会 第26回エラストマー討論会 2014年12月
H26-13 近藤ら シリカ配合EPDMの高圧水素曝露による劣化現象(3)〜シランカップリング剤と水素特性の関係 一般社団法人日本ゴム協会 第26回エラストマー討論会 2014年12月
H26-14 八木原ら エラストマーに対する高分子ロタキサン架橋剤の添加効果 一般社団法人日本ゴム協会 第26回エラストマー討論会 2014年12月
H26-15 堀米ら エンジンオイル中の排気ガス成分が加硫ゴムに与える影響 一般社団法人日本ゴム協会 第26回エラストマー討論会 2014年12月
H26-16 岩瀬ら ワックスのブルーム挙動と低温環境下におけるオゾン劣化の関係 一般社団法人日本ゴム協会 第26回エラストマー討論会 2014年12月
H26-17 飯塚ら 促進暴露試験における水負荷がポリプロピレンの光劣化に及ぼす影響 一般社団法人日本ゴム協会 第26回エラストマー討論会 2014年12月
H26-18 石井ら 新生児用紙オムツの経皮ばく露評価手法の検討と安全性の証明−表面材由来のフタル酸エステル類を対象として− 日本リスク研究学会第27回年次大会 2014年11月
H26-19 片桐ら 作業環境リスク評価におけるばく露推定モデル活用に関する検討 日本リスク研究学会第27回年次大会 2014年11月
H26-20 樽木ら 次世代シーケンサーを用いた生分解性試験用活性汚泥の菌叢解析 環境微生物系学会合同大会2014 2014年10月
H26-21 Abe,H. et al Impact of cuprizone as a demyelinating agent on rat hippocampal neurogenesis  18th International Congress of Neuropathology  2014年9月
H26-22 関ら アニリン類4物質の藻類同時ばく露試験 第20回日本環境毒性学会研究発表会 2014年9月
H26-23 田辺ら PAMPAを用いた化学物質の生物濃縮性予測 第20回日本環境毒性学会研究発表会 2014年9月
H26-24 若宮ら 海産ヨコエビを用いた長期底質毒性試験法の開発 第20回日本環境毒性学会研究発表会 2014年9月
H26-25 尾崎ら 高分解能質量分析計を用いた脂肪酸の一斉分析 日本油化学会第53回年会 2014年9月
H26-26 白木ら 6-propyl-2-thiouracil (PTU)のラット発達期暴露及び28日間反復投与による甲状腺機能低下を介したニューロン・グリア発達障害に関連する障害指標分子の検索  第157回日本獣医学会学術集会 2014年9月
H26-27 梶原ら DIRECT MIGRATION OF HEXABROMOCYCLODODECANE FROM TREATED FABRIC INTO DUST 34th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants-Dioxin2014- 2014年8月
H26-28 Saito,F. et al Tox-Omics Project: Development of methods to detect multi-tixic effects using gene expression analysis 9th World Congress on Alternatives and Animal Use in the Life Sciences 2014年8月
H26-29 中野ら LC/MS/MSを用いたメタルフリーカラムの性能評価 第27回バイオメディカル分析シンポジウム 2014年8月
H26-30 屋形ら LC-MSによるエイコサノイドの一斉分析法の開発及びその応用 第41回BMSコンファレンス 2014年7月
H26-31 坂本ら ラットにおいて多層カーボンナノチューブの経気管噴霧反復投与が及ぼす影響 第41回日本毒性学会学術年会 2014年7月
H26-32 小林ら ナノ材料の気管内投与試験の試験法標準化に向けた検討 〜投与器具及び投与液量の影響〜
Standardization of intratracheal administration study for nanomaterials -Efect of dosing device and dosing volume-
第41回日本毒性学会学術年会 2014年7月
H26-33 坪倉ら ナノ材料の気管内投与試験の試験法標準化に向けた検討 〜解剖時麻酔法の違いがBALF検査結果に与える影響〜
Standardization of intratracheal administration study for nanomaterials -Effect of anesthesia at necropsy on BALF result-
第41回日本毒性学会学術年会 2014年7月
H26-34 篠原ら 7種の二酸化チタンナノ粒子の肺クリアランス速度の比較 第41回日本毒性学会学術年会 2014年7月
H26-35 齋藤ら ヒトiPS由来肝細胞のDNAマイクロアレイを用いた細胞性状解析:細胞種間の比較解析
Cell property analysis using a DNA microarray of human iPS-derived hepatocytes: Comparative analysis between cell types
第41回日本毒性学会学術年会 2014年7月
H26-36 阿部ら 脱髄誘発物質クプリゾンのラットへの発達期暴露による離乳時の海馬ニューロン新生に対する影響 第41回日本毒性学会学術年会 2014年7月
H26-37 Ishida,K. et al Improved Non-target analysis for dipeptides and small molecules in fermented food by high resolution LC-MS Metabolomics 2014 2014年6月
H26-38 三輪ら オゾン水中におけるエラストマー材料の劣化挙動 一般社団法人プラスチック成形加工学会 第25回年次大会 2014年6月
H26-39 仲山ら 高圧水素曝露後EPDMの劣化状態の評価(2) 〜内部破壊と化学的劣化の有無〜 一般社団法人日本ゴム協会協会2014年年次大会 2014年5月
H26-40 大嶋ら X線光電子分光法によるオゾン劣化したアクリロニトリルブタジエンゴム表面の構造解析 一般社団法人日本ゴム協会協会2014年年次大会 2014年5月
H26-41 堀米ら エンジンオイル中の排気ガス由来成分が加硫ゴムに与える影響(2) 一般社団法人日本ゴム協会協会2014年年次大会 2014年5月
H26-42 西村ら 高圧水素用シール・ホース用エラストマー材料の開発
水素機器用エラストマー材料研究分科会活動報告(1)
一般社団法人日本ゴム協会協会2014年年次大会 2014年5月
H26-43 飯塚ら 促進暴露試験におけるポリプロピレンの光と熱による相乗効果 一般社団法人日本ゴム協会協会2014年年次大会 2014年5月
H26-44 近藤ら 表面改質MWCNT配合コンポジットに関する研究 一般社団法人日本ゴム協会協会2014年年次大会 2014年5月

ページの先頭へ戻る
平成25年度 論文発表 等

No. 発表者名 タイトル 題目・雑誌名
13-01 WET手法を用いた新たな排水管理法の紹介 安研協会報, 第26号, 80 (2014)
13-02 Kayashima,K. et al COMPARISON OF BIODEGRADATION PERFORMANCE OF OECD TEST GUIDELINE 301C WITH THOSE OF OTHER READY BIODEGRADABILITY TESTS Environmental Toxicology and Chemistry, 33(2), 328-333 (2014)
13-03 宮浦 生物活性測定の精度を高めるための留意点 実験者/試験検査員の誤ったデータの取扱い・試験誤操作防止策, 第6章第1節 (2014)
13-04 中井ら 高分子材料の皮膚刺激性、皮膚感作性試験 プラスチックス, 64(11), 76-80 (2013)
13-05 中田 ダウンサイズしたTK6細胞を用いるin vitro小核試験の検出性能 安研協会報, 第26号, 100 (2014)
13-06 Aso,S. et al Prenatal developmental toxicity study of ethyl tertiary-butyl ether in rats Drug and Chemical Toxicology, 37(1), 17-24 (2014)
13-07 Aso,S. et al Prenatal developmental toxicity study of ethyl tertiary-butyl ether in rats Drug and Chemical Toxicology, 37(1), 17-24 (2014)
13-08 Miyata,K. et al A subchronic(180-day) oral toxicity study of ethyl tertiary-butyl ether, a bio-ethanol, in rats Drug and Chemical Toxicology, DOI:10.3109/0148045.2013.851690 (2013)
13-09 Koyama, J. et al Relative Contribution of Endocrine-disrupting Chemicals to the Estrogenic Potency of Marine Sediments of Osaka Bay, Japan Water, Air, & Soil Pollution, 224, Article1570 (2013)
13-10 Hashizume, N. et al PREDICTION OF THE BIOCONCENTRATION FACTOR IN COMMON CARP(Cyprinus carpio L.) USING DATA FROM THE DIETARY EXPOSURE BIOACCUMULATION FISH TEST Environmental Toxicology and Chemistry, 33(6), 1406-1414 (2014)
13-11 仲山 「実例から考えるゴム・プラスチック材料の破損解析」
第一回 自動車ゴム・プラスチック材料の特徴と破損解析法
Polyfile, 50(587), 20 (2013)
13-12 仲山 「実例から考えるゴム・プラスチック材料の破損解析」
第二回 オゾン劣化による加硫ゴムの破損不具合
Polyfile, 50(588), 50 (2013)
13-13 仲山 「実例から考えるゴム・プラスチック材料の破損解析」
第三回 成形時のオーバーヒーティングによるポリアセタール成形品の劣化不具合
Polyfile, 50(589), 57 (2013)
13-14 仲山 「実例から考えるゴム・プラスチック材料の破損解析」
第四回加硫不足によるNBR製ガスケットの破損
Polyfile, 50(590), 48 (2013)
13-15 近藤 未加硫ゴムの成形加工性評価 日本ゴム協会誌, 87(1), 16-21 (2013)
13-16 近藤ら 耐寒性試験 プラスチックス, 65(3), 73-77 (2014)
13-17 和田 食の安全確保対策 安全学入門Part3 - 安全文化を考える, 第3章 (2013)
13-18 片岡ら 直接試料導入質量分析法による工業製品中ビス(トリブチル)スズ=オキシドの分析 分析化学, 62(11), 965-970(2013)
13-19 和田 各業種における研究室、試験室での業務の留意点と管理事項 実験者/試験検査員の誤ったデータの取り扱い・試験誤操作防止策, 第13章 (2014)
13-20 片岡 顔料中に含有する副生PCBについて ぶんせき, 第12号, 745-746 (2013)
13-21 Saito,T. et al Assingment of NMR signals for chloroprene rubber by 2D NMR spectroscopy American chemical society, Rubber Division Rubber Chemistry and Technology, 86(2), 250-260 (2013)
13-22 Shirono,K. et al A study on the utilization of the Youden plot to diagnose interlaboratory test result Accreditation and Quality Assurance, 18, Issue3, 161-174 (2013)
13-23 Akane,H. et al Glycidol induces axonopathy by adult stage-exposure and aberration of hippocampal neurogenesis affecting late-stage differentiation by developmental exposure in rats Toxicological Sciences, 134(1), 140-154 (2013)
13-24 北村ら フタル酸ジ-2-エチルヘキシル(DEHP)の改正化審法に対応した人健康リスク評価 日本リスク研究学会誌, 23(3), 181-191 (2013)
13-25 松本ら OECD化学物質共同評価プログラム:第1回化学物質共同評価会議概要 化学生物総合管理学会誌, 第9巻, 第1号, 92-99 (2013)
13-26 松本ら OECD化学物質共同評価プログラム:第2回化学物質共同評価会議概要 化学生物総合管理学会誌, 第9巻, 第1号, 100-111 (2013)
13-27 高橋ら OECD化学物質対策の動向(第22報)-第1回OECD化学物質共同評価会議(2011年パリ) 化学生物総合管理学会誌, 第9巻, 第1号, 112-118(2013)
13-28 松本ら OECD化学物質共同評価プログラム:第3回化学物質共同評価会議概要 化学生物総合管理学会誌, 第9巻, 第2号, 222-231 (2013)
13-29 松本ら OECD化学物質共同評価プログラム:第4回化学物質共同評価会議概要 化学生物総合管理学会誌, 第9巻, 第2号, 232-240 (2013)
13-30 高橋ら OECD化学物質対策の動向(第23報)-第2回OECD化学物質共同評価会議(2012年パリ) 化学生物総合管理学会誌, 第9巻, 第2号, 241-247(2013)
13-31 石田 メタボローム解析の毒性評価への応用に向けた試み 安研協会報, 第26号, 93-94 (2014)
13-32 宮地 化学物質管理の国際動向とアジア諸国の状況 水環境学会誌, 37(A)(4), 118-124 (2014)
13-33 前田ら 松寿仙服用により増減する血漿タンパク質のプロテオーム解析 新薬と臨床, 62(10), 1790-1795 (2013)
13-34 吉川ら リスク評価から見た化学物質規制とイノベーション創出効果 科学・技術研究, 第3巻第1号 (2014)
13-35 吉川ら 化学品の安全管理と情報伝達 SDSとGHSがわかる本:GHS国連文書・JIS対応 丸善出版 (2014)
ページの先頭へ戻る

平成25年度 口頭発表 等

No. 発表者名 タイトル 発表先 発表年月
H25-01 坂牧ら LC/MS/MSによるメタルフリーカラムの評価と応用 日本薬学会第134年会 2014年3月
H25-02 坂本ら ラットにおける多層カーボンナノチューブの経気管噴霧反復投与が及ぼす影響 第30回日本毒性病理学会学術総会 2014年1月
H25-03 山中ら 活性化ケラチノサイトのタンパク質発現パターンの解析 バイオロジクスフォーラム第11回学術集会 2014年1月
H25-04 広アら 低酸素状態で放出されるエクソソームの成分変化と抗体医薬品のADCC活性に与える影響 バイオロジクスフォーラム第11回学術集会 2014年1月
H25-05 和田ら モルホリン(水質) 化学物質環境実態調査環境科学セミナー 2014年1月
H25-06 Honda,M. et al Identification of Perfluorooctane Sulfonate Binding Protein in Plasma of Tiger Pufferfish 環境ホルモン学会 第16回研究発表会 2013年12月
H25-07 狩野ら 表面改質MWCNTによって形成される炭化残渣がEVAの難燃化に与える影響 一般社団法人日本ゴム協会第25回エラストマー討論会 2013年12月
H25-08 飯塚ら 促進耐候性試験における白色充てん剤を配合したゴム材の光遮断効果 一般社団法人日本ゴム協会第25回エラストマー討論会 2013年12月
H25-09 有本ら 加硫ゴムの加硫密度が水中での老化防止剤の溶出現象に与える影響 一般社団法人日本ゴム協会第25回エラストマー討論会 2013年12月
H25-10 生永ら EPDMの高感度な定量的劣化検出法の検討 一般社団法人日本ゴム協会第25回エラストマー討論会 2013年12月
H25-11 大嶋ら コロネンイオンエッチング法を用いたX線光電子分光分析によるゴムの表面解析 一般社団法人日本ゴム協会第25回エラストマー討論会 2013年12月
H25-12 齊藤ら イミダゾール系老化防止剤の分析に関する研究(4)加硫中に生じるZnMBIがゴムの熱劣化挙動に及ぼす影響 一般社団法人日本ゴム協会第25回エラストマー討論会 2013年12月
H25-13 三輪ら 次亜塩素酸ナトリウム水溶液中で劣化したシリコーンゴムの構造解析 一般社団法人日本ゴム協会第25回エラストマー討論会 2013年12月
H25-14 仲山ら 高圧水素暴露後EPDMの評価(1) 〜カーボンブラックの影響〜 一般社団法人日本ゴム協会第25回エラストマー討論会 2013年12月
H25-15 仲山ら 劣化による老化防止剤の形態変化と変化物の検出(5) 一般社団法人日本ゴム協会第25回エラストマー討論会 2013年12月
H25-16 渡邊ら 31年間経過河川水送水用NRブレンド可撓管の微生物劣化 一般社団法人日本ゴム協会第25回エラストマー討論会 2013年12月
H25-17 堀米ら 劣化エンジン油が加硫ゴムに与える影響 一般社団法人日本ゴム協会第25回エラストマー討論会 2013年12月
H25-18 町田ら 未加硫ゴムの貯蔵時間がシリカ分散状態に与える影響 一般社団法人日本ゴム協会第25回エラストマー討論会 2013年12月
H25-19 坂アら 尿素SCRシステムにおける高分子材料の影響評価 一般社団法人日本ゴム協会第25回エラストマー討論会 2013年12月
H25-20 岩瀬ら ワックスのブルーム挙動と低温環境下(-30℃)におけるオゾン劣化の関係 一般社団法人日本ゴム協会第25回エラストマー討論会 2013年12月
H25-21 林ら 圧縮永久ひずみ試験における局所ひずみ解析と製品評価の最適化 一般社団法人日本ゴム協会第25回エラストマー討論会 2013年12月
H25-22 森ら 高分子材料の劣化による動的特性への影響解析 一般社団法人日本ゴム協会第25回エラストマー討論会 2013年12月
H25-23 照沼ら 長期耐久性を図るための老化防止剤の流出挙動 一般社団法人日本ゴム協会第25回エラストマー討論会 2013年12月
H25-24 藤島ら 4種のキノロン化合物解析による光細胞毒性及び光遺伝毒性の発現メカニズム詳細研究 日本環境変異原学会 第42回大会 2013年11月
H25-25 浜本ら フェニトロチオン製剤を噴霧投与後休薬期間経過時における牛及び豚の残留濃度 食品衛生学会 第106回学術講演会 2013年11月
H25-26 石井ら 生理用ナプキン中ダイオキシン類ばく露による健康リスク評価 日本リスク研究学会第26回年次大会 2013年11月
H25-27 片桐ら 副生PCBを含有する有機顔料を使用した製品の健康リスク評価 日本リスク研究学会第26回年次大会 2013年11月
H25-28 坂牧ら リン酸化化合物を指標としたバイオコンパチブルLC/MS/MS分析におけるカラム材料の影響 第24回クロマトグラフィー科学会議 2013年11月
H25-29 松浦ら 試験法マニュアルに基づいたWET試験実施上の留意点 第16回日本水環境学会シンポジウム 2013年11月
H25-30 狩野ら 表面改質MWCNTによるEVAの難燃性向上に関する研究 一般社団法人プラスチック成形加工学会 第21回秋季大会 2013年11月
H25-31 大久保ら 引張及び圧縮モードにおけるポアソン比測定の検討 一般社団法人プラスチック成形加工学会 第21回秋季大会 2013年11月
H25-32 近藤ら オゾン水で表面改質したMWCNTのゴム材料に対する補強効果 一般社団法人プラスチック成形加工学会 第21回秋季大会 2013年11月
H25-33 Shinohara,N. et al Dose-dependent clearance kinetics of intratracheally asministered TiO2 nanoparticles The 6th International  Symposium on Nanotechnology, Occupational and Environmental Health (NanOEH) 2013年10月
H25-34 Tsubokura,Y. et al Pulmonary toxicity of several nano TiO2 by intratrachal administration in rats 6th International Symposium on Nanotechnology, Occupational and Environmental Health 2013年10月
H25-35 Kobayashi,T. et al Effect of study conditions on the toxicity by intratracheal administration of nano TiO2 in rats 6th International Symposium on Nanotechnology, Occupational and Environmental Health 2013年10月
H25-36 石田ら LTQ-Orbitrap XLを使用したノンラベル、ノンターゲット分析による日本酒中ジペプチドの網羅的解析 第8回メタボロームシンポジウム 2013年10月
H25-37 四角目ら 無機低濃度標準液の信頼性評価 平成25年度・第21回 日環協・環境セミナー全国大会 2013年9月
H25-38 本田ら トラフグ血漿中におけるPFOS結合タンパク質の同定 第19回日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会合同研究発表会 2013年9月
H25-39 宇野ら メタボロミクスを用いた合成糖質コルトコイド類の魚類への複合暴露影響評価 第19回日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会合同研究発表会 2013年9月
H25-40 坪井ら p-n-NP及びp-n-OPの魚類同時ばく露試験 第19回日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会合同研究発表会 2013年9月
H25-41 片岡ら 副生PCB含有顔料使用製品からの3,3'-Dichlorobiphenyl暴露評価 公益社団法人環境科学会 2013年会 2013年9月
H25-42 Saito,F. CARCINOscreen®: Novel short-term prediction system for carcinogenicity of chemicals by hepatic transcriptome analysis in a 28-day repeated dose toxicity study Genetic Engineering-2013 the International Conference on Genetic Engineering & Genetically Modified Organisms 2013年8月
H25-43 和田ら LC/MSによる化学物質分析法の基礎的研究(56) 「環境水中のモルホリンの分析」 第22回環境化学討論会 2013年7月
H25-44 屋形ら アンタビュース作用関連物質のGC-MSによる一斉分析法開発 第40回BMSコンファレンス 2013年7月
H25-45 広アら 抗体医薬品のバイオ後続品の特性解析としての細胞傷害活性測定方法の検討 日本ジェネリック医薬品学会第7回学術大会 2013年7月
H25-46 小林ら 2-Amino-4-nitrophenolの雄ラットにおける28日間反復経口投与毒性試験の腎病変の経時的変化
第40回日本毒性学会学術年会 2013年6月
H25-47 齋藤ら 2-Amino-4-nitrophenolのSDラットの28日間反復投与試験における腎臓部位別の経時的な遺伝子発現プロファイル解析 第40回日本毒性学会学術年会 2013年6月
H25-48 茅島ら Real-Time PCR法による生分解性試験に用いる活性汚泥の評価 環境バイオテクノロジー学会2013年度大会 2013年5月
H25-49 仲山ら 添加剤劣化物の形態と検出法 〜消耗した老化防止剤の検出法〜 一般社団法人日本ゴム協会2013年年次大会 2013年5月
H25-50 齊藤ら イミダゾール系老化防止剤の分析に関する研究(3)
(加硫中に生じるMBIの反応に及ぼす硫黄の影響)
一般社団法人日本ゴム協会2013年年次大会 2013年5月
H25-51 堀米ら ラジカル消去活性法による老化防止剤分解物の老化防止能の定量的評価 一般社団法人日本ゴム協会2013年年次大会 2013年5月
H25-52 三輪ら オゾン水中で劣化したシリコーンゴムの構造解析 一般社団法人日本ゴム協会2013年年次大会 2013年5月
H25-53 大嶋ら 老化防止剤を介したポリマーのゲル化(架橋反応)に関する研究(加硫ゴムの熱老化現象に与える影響) 一般社団法人日本ゴム協会2013年年次大会 2013年5月
H25-54 狩野ら 表面改質MWCNTによるEVAの難燃性向上に関する研究(2) 一般社団法人日本ゴム協会2013年年次大会 2013年5月
H25-55 近藤ら 表面改質CNT配合ゴムの特異的な挙動(2) 一般社団法人日本ゴム協会2013年年次大会 2013年5月
H25-56 町田ら シリカの水分含有率による未加硫ゴムへの影響(2) 一般社団法人日本ゴム協会2013年年次大会 2013年5月
H25-57 進藤 リサイクルゴム粉をブレンドした圧縮永久ひずみ最小の加硫ゴムについて 一般社団法人日本ゴム協会2013年年次大会 2013年5月
H25-58 百武ら JIS試験用潤滑油IRM902油の変更に伴うゴムの耐油性評価 一般社団法人日本ゴム協会2013年年次大会 2013年5月
H25-59 伊東ら 加硫ゴムにおける酸化亜鉛を用いない加硫系の検討 一般社団法人日本ゴム協会2013年年次大会 2013年5月
H25-60 照沼ら 過酸化物架橋時のゴムと軟化剤の反応に関する研究(3) 一般社団法人日本ゴム協会2013年年次大会 2013年5月
H25-61 Katsumata,M. et al A ring study of a new rapid alga test estimating chemical influence on algal growth, algal luminescence toxicity test. SETAC Europe 2013 2013年5月
ページの先頭へ戻る

平成24年度 論文発表 等

No. 発表者名 タイトル 題目・雑誌名
12-01 下川ら 高分子フロースキーム プラスチックス, 64(2), 74-78 (2013)
12-02 菊地ら フェノール系酸化防止剤と光安定剤の併用に伴う変色現象 日本ゴム協会誌, 85(9), 283-288 (2012)
12-03 四角目ら APMP総会及び関連会議出席報告 標準物質協議会会報, 62, 15-18 (2012)
12-04 山澤ら 化学分析における前処理の不確かさ評価 NMIJ計測クラブ 不確かさ事例研究会 不確かさ評価事例集U, 39-51 (2013)
12-05 伊藤ら ゴム・プラスチックの食品衛生試験 プラスチックス, 63(6), 139-144 (2012)
12-06 近藤ら 硬さ試験 プラスチックス, 63(11), 73-78 (2012)
12-07 近藤ら 磨耗試験 プラスチックス, 64(3), 78-83 (2013)
12-08 Hashizume,N. et al Evaluation of bioconcentration factors derived from minimized aqueous exposure tests with the use of data in Japan's chemical substances control law database Environmental Toxicology and Chemistry, 32(2), 406-409 (2013)
12-09 Kayashima,T. et al Real-time PCR for rapidly detecting aniline-degrading bacteria in activated sludge Chemosphere, 91, Issue 9, 1338-1343 (2013)
12-10 医薬品環境影響評価の概要 安研協会報, 第25号, 62-63 (2013)
12-11 Kobayashi,T. et al Combined repeated dose and reproductive/developmental toxicity screening test of tert-butylhydrazine monohydrochloride in rats The Journal of Toxicological Sciences, 38(2), 177-192 (2013)
12-12 松本ら OECD高生産量化学物質点検プログラム:第31回初期評価会議概要 化学生物総合管理, 8(1), 28-36 (2012)
12-13 松本ら OECD高生産量化学物質点検プログラム:第32回初期評価会議概要 化学生物総合管理, 8(1), 37-46 (2012)
12-14 高橋ら OECD化学物質対策の動向(第19報)−第30回OECD高生産量化学物質初期評価会議(2010年パリ) 化学生物総合管理, 8(1), 47-53 (2012)
12-15 高橋ら OECD化学物質対策の動向(第20報)−第31回OECD高生産量化学物質初期評価会議(2010年オックスフォード) 化学生物総合管理, 8(1), 54-60 (2012)
12-16 宮地 韓国GHSとMSDS・レベル作成の実務 アジア・太平洋地域における化学物質規制とその対応, 第1部第5章第2節, 55-63 (2012)
12-17 野坂 欧州CLPとSDS・ラベル作成の実務 アジア・太平洋地域における化学物質規制とその対応, 第1部第5章第1節, 89-98 (2012)
12-18 石井 リスク評価 世界の化学品規制・ルールの解釈とその違反回避のための実務, 第3章第3節, 282-286 (2012)
12-19 神園 SVHCへの対応 世界の化学品規制・ルールの解釈とその違反回避のための実務, 第4章第4節, 306-313 (2012)
12-20 宮地 IUCLIDの使い方 世界の化学品規制・ルールの解釈とその違反回避のための実務, 第7章, 587-595 (2012)
12-21 野坂 実務者が利用している化学品規制・安全性情報の収集先 世界の化学品規制・ルールの解釈とその違反回避のための実務, 第8章, 611-624 (2012)
12-22 赤堀ら 新規試験法開発を目指すTox-Omicsについて JSAAE News Letter, 42, 9-10 (2012)
12-23 宮地 TSCA法律違反事例の解説 ワールド・エコ・スコープ, WEB (2012)
12-24 神園 SDSから得られる情報とリスク管理への活用 ヒューマンエラー対策事例集, 第9章第1節, 561-565 (2013)
12-25 神園 化学物質の安全確保のために -国内外のリスク評価、リスク管理の最新動向- 化学装置, 54(11), 117-121 (2012)
12-26 奈良 米国 新・危険有害性周知基準(HCS2012)への対応 ワールド・エコ・スコープ, WEB (2012)
12-27 赤堀ら オミクス技術を用いた新規試験法開発プロジェクト Tox-Omicsについて 安研協会報, 第25号, 79-81 (2013)
12-28 宮地 事前審査制度に見る化審法と労働安全衛生法の相違 ワールド・エコ・スコープ, WEB (2012)
12-29 山中 エクソソームをターゲットにしたマーカー探索 安研協会報, 第25号, 66-69 (2013)
12-30 吉川ら 地理情報システム(GIS)を用いたPRTR情報の1kmメッシュによる可視化 社会技術研究論文集, 10, 34-41 (2013)
12-31 Yamasaki,K. et al Endocrine-mediated effects of two benzene related compounds, 1-chloro-4-(chloromethyl)benzene and 1,3-diethyl benzene, based on subacute oral toxicity studies using rats Food and Chemical Toxicology, 50, 2635-2642 (2012)
12-32 高橋ら OECD化学物質対策の動向(第21報)−第32回OECD高生産量化学物質初期評価会議(2011年パリ) 化学生物総合管理, 8(2), 166-172 (2012)
12-33 Yamasaki,K. et al Toxicity study of bisphenol A, nonylphenol, and genistein in rats neonatally exposed to low doses Journal of Clinical Toxicology, 2, ISSN:2161-0495, 2-7 (2012)
12-34 Ishii,S. et al Correlation study in skin and eye irritation between rabbits and humans based on published literatures Food and Chemical Toxicology, 55, 596-601 (2013)
12-35 田嶋 クロマトグラフィーとの結合 現代質量分析学,第12章, 183-198 (2013)
12-36 田嶋 クロマトグラフィー/質量分析のための試料調製法 現代質量分析学,第17章, 275-279 (2013)

 

ページの先頭へ戻る

平成24年度 口頭発表 等

No. 発表者名 タイトル 発表先 発表年月
H24-01 田辺ら 餌暴露濃縮度試験のデータを用いたBioconcentration Factorの推定 第47回日本水環境学会年会 2013年3月
H24-02 Kojima,H. et al Collaboration study on eye irritation alternative method with human corneal model; LabCyte CORNEA-MODEL24 Society of Toxicology 52nd Annual Meeting 2013年3月
H24-03 小幡ら フェニルヘキシルカラムの特性を活かす分析条件の調査 日本薬学会第133年会 2013年3月
H24-04 坂牧ら LC-MSにおけるリン酸化化合物の吸着の改善 日本薬学会第133年会 2013年3月
H24-05 山澤ら 化学分析における前処理の不確かさ評価 不確かさクラブ(NMIJ計測クラブ) 不確かさ事例研究発表会 2013年2月
H24-06 上原ら エタノールの国際比較 平成24年度標準ガスクラブ(NMIJ計測クラブ) 2013年2月
H24-07 小幡ら フェニルヘキシルカラムの開発と分離特性 第18回LCテクノプラザ 2013年1月
H24-08 藤島ら 14種のキノリン化合物の光毒性及び光遺伝毒性 第85回日本生化学会大会 2012年12月
H24-09 前田ら CBA/J或いはCBA/Caマウスを用いOECD TG429に準拠したLLNA試験並びにCBA/Jマウスを用いTG442Bに準拠したLLNA試験の定量的比較 日本動物実験代替法学会第25回大会 2012年12月
H24-10 小島ら 培養角膜モデルLabCyte CORNEA-MODEL24を用いた眼刺激性試験代替法協同研究 日本動物実験代替法学会第25回大会 2012年12月
H24-11 片岡ら 建材表面からのヘキサブロモシクロドデカン(HBCD)放散速度測定 室内環境学会 平成24年度室内環境学会学術大会 2012年12月
H24-12 栗原ら 難燃加工製品に含まれるHBCDのハウスダストへの移行に関する研究 室内環境学会 平成24年度室内環境学会学術大会 2012年12月
H24-13 清野ら 簡易専用水道検査の高所作業における安全性向上への取り組み 平成24年度 簡易専用水道検査全国技術研究発表会 2012年12月
H24-14 山中ら 質量分析に基づくP450タンパク質の多型解析 BMSシンポジウム2012 2012年11月
H24-15 中田ら ダウンサイズしたTK6細胞を用いるin vitro小核試験の検出性能 日本環境変異原学会 第41回大会 2012年11月
H24-16 Sawada,T. et al Dietary exposure bioaccumulation fish test using two fish species (common carp and rainbow trout) SETAC North America 33rd Annual Meeting 2012年11月
H24-17 Nabeoka,R. et al Environmental Risk Assessment of Sulfamethoxazole in Japan based on the European Medicines Agency Guideline SETAC North America 33rd Annual Meeting 2012年11月
H24-18 坂牧ら リン酸化化合物のLC/MS分析におけるカラム材料の影響 第23回クロマトグラフィー科学会議 2012年11月
H24-19 秋間ら 無機ガス微量分析における測定結果の信頼性向上及び不確かさ評価 計測標準フォーラム 2012年11月
H24-20 清野ら 簡易専用水道検査の高所作業における安全性向上への取り組み 平成24年度簡易専用水道検査研修会 2012年11月
H24-21 近藤ら 表面改質MWCNTによるEVAの難燃性向上に関する研究 プラスチック成形加工学会 秋季大会 2012年11月
H24-22 町田ら シリカの水分含有率による未加硫ゴムへの影響 一般社団法人日本ゴム協会第24回エラストマー討論会 2012年11月
H24-23 飯塚ら ゴム材料に対する難燃特性評価の検討 一般社団法人日本ゴム協会第24回エラストマー討論会 2012年11月
H24-24 三輪ら オゾン水中におけるシリコーンゴムの劣化挙動 一般社団法人日本ゴム協会第24回エラストマー討論会 2012年11月
H24-25 齊藤ら イミダゾール系老化防止剤の分析に関する研究(2) 一般社団法人日本ゴム協会第24回エラストマー討論会 2012年11月
H24-26 大嶋ら 劣化による老化防止剤の構造変化(5) 一般社団法人日本ゴム協会第24回エラストマー討論会 2012年11月
H24-27 堀米ら 酸化防止剤分解物のラジカル消去活性による評価 一般社団法人日本ゴム協会第24回エラストマー討論会 2012年11月
H24-28 Saito,F. et al CARCINOscreen®:Novel short term prediction system for carcinogenicity of chemicals by hepatic transcript profiling in a repeated dose 28-day toxicity study 生命医薬情報学連合大会(2012年日本バイオインフォマティックス学会年会) 2012年10月
H24-29 小林ら CBA/JマウスのLocal Lymph Node Assay:BrdU-ELISA法への適用性 第19回日本免疫毒性学会学術大会 2012年9月
H24-30 Katsumata,M. et al First result from a ring study of a new rapid alga test estimating chemical influence on algal growth. SETAC Asia/Pacific 2012 2012年9月
H24-31 茅島ら Real-Time PCRによる生分解性試験に用いる活性汚泥の評価 第15回日本水環境学会シンポジウム 2012年9月
H24-32 松本ら 化学物質の短期発がん性スクリーニングの用量設定方法の検討 第39回日本毒性学会及び学術集会 2012年7月
H24-33 石田ら 化学物質の内分泌かく乱作用評価手法開発に向けた、LC/MSによるメタボロミクス解析の検討
第39回日本毒性学会及び学術集会 2012年7月
H24-34 齋藤ら 短期発がん性システムのWister Hannoverラットへの適用性及び系統間差の検討 第39回日本毒性学会及び学術集会 2012年7月
H24-35 深町ら フラーレンの気管内噴霧による肺発がんプロモーション作用の検討 第39回日本毒性学会及び学術集会 2012年7月
H24-36 渡部ら 日本版WETに適したバイオアッセイ手法のリングテスト結果について 第21回環境化学討論会 2012年7月
H24-37 須藤ら HPLC用シリカゲル系充填剤の化学修飾研究 Separation Science 2012 2012年7月
H24-38 広アら 抗体依存性細胞傷害活性測定におけるヒト抹消血単核球のIL-2添加前培養の影響 日本ジェネリック医薬品学会第6回学術大会 2012年6月
H24-39 Kojima,H. et al New Projects in Japan to Alternative Methods for Repeated Dose Oral Toxicity Studies. EUROTOX, 2012 2012年6月
H24-40 三輪ら 水中でオゾン処理されたフッ素ゴム表面のキャラクタリゼーション 第21回オゾン協会年次講演会 2012年6月
H24-41 吉田ら ナノ粒子の有害性評価における顕微鏡観察技術 日本顕微鏡学会 第68回学術講演会 2012年5月
H24-42 Garen Rauert et al Bioconcentration in Fish - OECD Test Guideline "Minimised" Method SETAC 6th World Congress/SETAC Europe 22nd Annual Meeting 2012年5月
H24-43 Mark Lampi et al A ring test of the draft OECD 305 bioconcentration test guideline dietary exposure method SETAC 6th World Congress/SETAC Europe 22nd Annual Meeting 2012年5月
H24-44 Hashizume,N. et al Comparison of the BCF and BMF for Chemicals using Common Carp (Cyprinus carpio) ILSI Health and Environmental Sciences Institute Workshop 2012年5月
H24-45 乃一ら 加硫ゴムの疲労劣化に及ぼす因子(2) 一般社団法人日本ゴム協会2012年年次大会 2012年5月
H24-46 大嶋ら 劣化による老化防止剤の構造変化(4) 一般社団法人日本ゴム協会2012年年次大会 2012年5月
H24-47 齊藤ら イミダゾール系老化防止剤の分析に関する研究 一般社団法人日本ゴム協会2012年年次大会 2012年5月
H24-48 伊東ら フェノール系酸化防止剤の化学物質による変色 一般社団法人日本ゴム協会2012年年次大会 2012年5月
H24-49 堀米ら 高分子量添加剤の分析方法の検討 一般社団法人日本ゴム協会2012年年次大会 2012年5月
H24-50 町田ら 未加硫ゴム中におけるシリカの挙動 一般社団法人日本ゴム協会2012年年次大会 2012年5月
H24-51 近藤ら 表面改質CNT配合熱可塑性エラストマーの力学特性 一般社団法人日本ゴム協会2012年年次大会 2012年5月
ページの先頭へ戻る

平成23年度 論文発表 等

No. 発表者名 タイトル 題目・雑誌名
11-01 三輪ら オゾン水中におけるフッ素ゴムの耐久性評価 日本ゴム協会誌, 85(3), 81-86 (2012)
11-02 寺尾ら ジエン系ゴムの加硫に及ぼすオキシム類の添加効果 日本ゴム協会誌, 84(11), 337-341 (2011)
11-03 森ら エタノール添加ガソリンによるゴムの膨潤について 日本ゴム協会誌, 84(6), 182-188 (2011)
11-04 Miwa,S. et al Surface degradation of poly(ethylene-co-propylene-co-5-ethylidene-2-norbornene) terpolymer by ozone in water Polymer Degradation and Stability, 96, 1503-1507 (2011)
11-05 仲山 表面粗れ、クラック 実用プラスチック分析, 5章, 531 (2011)
11-06 菊地ら 再生ポリカーボネートの判別手法の開発 高分子論文集, 68(11), 731-736 (2011)
11-07 近藤ら 電気試験 プラスチックス, 63(3), 76-82 (2011)
11-08 近藤ら 浸せき試験 プラスチックス, 62(7), 85-90 (2011)
11-09 四角目 標準物質の役割と信頼性確保に向けた取り組み HITACHI SCIENTIFIC INSTRUMENT NEWS巻頭言, 55(1), 1-2 (2012)
11-10 須藤ら シリカ系逆相液体クロマトグラフィーカラム Chromatography, 32(2), 73-79 (2011)
11-11 須藤 第1回LC分析士初段試験解説 第1回LC分析士初段試験解説書 (2011)
11-12 Inoue,Y. et al Comparison of Nitrofen Uptake via Water and Food and Its Distribution in Tissue of Common Carp, Cyprinus carpio L. Bulletin of Environmental Contamination and Toxicology, 87, 287-291 (2011)
11-13 本橋 5章 分析・分析値の信頼性 現場で役立つ ダイオキシン類分析の基礎, 151-172 (2011)
11-14 Inoue,Y. et al Unique physicochemical properties of perfluorinated compounds and their bioconcentration in common carp Cyprinus carpio L. Archives of Environmental Contamination and Toxicology, 62, 672-680(2012)
11-15 Inoue,Y. et al Comparison of the Bioconcentration and Biomagnification Factors for Poorly-Water-Soluble Chemicals using Common Carp (Cyprinus carpio L.) Archives of Environmental Contamination and Toxicology, 63, 241-248(2012)
11-16 武吉ら 第5章 アレルギー性(感作性)試験の実験手法(第1節及び第5節) 動物実験代替法の技法ノウハウ, 91-97, 119-124 (2011)
11-17 武吉 感作性試験 安全性試験の教育・研修テキスト 第4版, 245-263 (2011)
11-18 高橋ら OECD化学物質対策の動向(第18報)−第29回OECD高生産量化学物質初期評価会議(2009年ハーグ) 化学生物総合管理学会誌, 7(2), 86-91 (2011)
11-19 松本ら OECD高生産量化学物質点検プログラム:第30回初期評価会議概要 化学生物総合管理学会誌, 7(2), 92-98 (2011)
11-20 窪田ら REACH登録物質における生態リスク評価のアセスメント係数 日本リスク研究学会誌, 21(2), 125-134 (2011)
11-21 宮地 改正化審法への対応と実務 第2回:優先評価化学物質の届出 ワールド・エコ・スコープ, WEB (2011)
11-22 宮地 改正化審法への対応と実務 第3回:新規化学物質の届出・申出 ワールド・エコ・スコープ, WEB (2011)
11-23 Takeyoshi,M. et al Interlaboratory validation of the modified murine local lymph node assay based on 5‐bromo-2'-deoxyuridine incorporation J.Appl.Toxicol.2011;31:63-74 (2011)
11-24 Umano,T. et al Endocrine-mediated effects of 4,4'-(hexafluoroisopropylidene)diphenol in SD rats,based on a subacute oral toxicity study Archives of Toxicology(impact factor:3312), 86(1), 151-157 (2012)
11-25 宮地 第3章 環境運命試験の留意点と「試験の必要性/試験項目選択」の考え方 研究者にもわかるプラスチックス・樹脂のための「毒性・安全性」試験と規制対応法, 155-165 (2012)
11-26 野坂 第2章 生態毒性学的試験の留意点と「試験の必要性/試験項目選択」の考え方 研究者にもわかるプラスチックス・樹脂のための「毒性・安全性」試験と規制対応法, 111-154 (2012)
11-27 Matsumoto,H. et al New short term prediction method for chemical carcinogenicity by hepatic transcript profiling following 28-day toxicity tests in rats Cancer Informatics, 2011:10 259-271 (2011)
11-28 宮地 2011年4月改正化審法で指定された「88優先評価化学物質」とその取扱い MATERIAL STAGE, 11(8), 1-4 (2011)
11-29 Yamasaki,K. et al Comparison of endocrine-mediated effects of bisphenol A related compounds, 2,2-bis(4-cyanatophyenyl)propane and 4,4'-cyclohexylidenebisphenol, based on subacute oral toxicity studies using rats Toxicology Letters, 208, 162-167 (2011)
11-30 Kubota,K. et al Development and verification of new evaluation indicators for chemical management in corporations to meet WSSD goals Journal of Cleaner Production, 19(9-10), 1134-1140 (2011)
ページの先頭へ戻る

平成23年度 口頭発表 等

No. 発表者名 タイトル 発表先 発表年月
H23-01 鍋岡ら スルファメトキサゾールの環境リスク評価 第46回日本水環境学会年会 2012年3月
H23-02 石井 化学物質リスク評価におけるリスクの想定と許容範囲の認識 化学生物総合管理学会 社会技術革新学会 春季討論集会(2012) 2012年3月
H23-03 四角目 標準物質協議会規格(pH標準液)概要と進捗のご紹介 pHクラブ第8回会合(NMIJ計測クラブ) 2012年3月
H23-04 深町ら フラーレンの気管内噴射による肺発がん促進作用 第28回日本毒性病理学会及び学術集会 2012年2月
H23-05 二口ら カーボンブラックの気管内噴射により誘発された肺胞過形成様病変 第28回日本毒性病理学会及び学術集会 2012年2月
H23-06 西野 CERIにおける微量水分計の校正 平成23年度標準ガスクラブ(NMIJ計測クラブ) 2012年1月
H23-07 伊東ら ジエン系ゴムのオゾン劣化に関する研究(3) 社団法人日本ゴム協会第23回エラストマー討論会 2011年12月
H23-08 齊藤ら NMR法によるNBRの熱劣化解析(2) 社団法人日本ゴム協会第23回エラストマー討論会 2011年12月
H23-09 仲山ら 劣化による老化防止剤の構造変化(3) 社団法人日本ゴム協会第23回エラストマー討論会 2011年12月
H23-10 堀米ら アミン-ケトン系老化防止剤の成形加工及び老化防止過程での構造変化の解析 社団法人日本ゴム協会第23回エラストマー討論会 2011年12月
H23-11 照沼ら 過酸化物架橋時のゴムと軟化剤の反応に関する研究(2) 社団法人日本ゴム協会第23回エラストマー討論会 2011年12月
H23-12 小林ら 原子間力顕微鏡(AFM)を用いたエラストマー材料断面測定手法の検討 社団法人日本ゴム協会第23回エラストマー討論会 2011年12月
H23-13 清野ら 水槽周囲に見られる衛生害虫について 平成23年度簡易専用水道検査全国技術研究発表会 2011年12月
H23-14 中村ら 国際的バリデーションの行われた三種類のエストロゲン様活性測定法の比較検証 環境ホルモン学会第14回研究発表会 2011年11月
H23-15 松本ら CARCINOscreen: a new short term screening method for chemical carcinogenicity 日本環境変異原学会第40回大会 2011年11月
H23-16 清野ら 水槽周囲に見られる衛生害虫について 東京都簡易専用水道検査機関協議会 2011年11月
H23-17 Nishino,T. et al Uncertainty evaluation of calibration of trace moisture analyzers 9th APMP/TCQM Gas metrology in environmental protection workshop 2011年10月
H23-18 Azuma,J. et al The calibration service of trace moisture analyzers by CERI 9th APMP/TCQM Gas metrology in environmental protection workshop 2011年10月
H23-19 三輪ら オゾン水劣化したゴム表面の物性評価及び構造解析 第59回レオロジー討論会 2011年10月
H23-20 片桐ら 難燃剤HBCDの室内及び車内暴露に関わる既存情報の把握と今後の課題の整理 生物化学総合管理学会 2011年9月
H23-21 山中ら ESI‐Chipシステムを用いた高速タンパク質同定 第59回質量分析総合討論会 2011年9月
H23-22 橋爪ら 食物連鎖を想定した生物蓄積性評価手法 −経口濃縮度試験− 第17回日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会 2011年9月
H23-23 鈴木ら DBDEのニジマス肝S9試験 サブタイトル:高濃縮性代謝物生成の確認 第17回日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会 2011年9月
H23-24 坪井ら 生態毒性試験におけるBMD法の適用検討 −藻類生長阻害試験におけるNOECとBMDLの比較− 第17回日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会 2011年9月
H23-25 関ら スルファメトキサゾールの環境リスク初期評価 第20回環境化学討論会 2011年7月
H23-26 齋藤ら Flutamideの一世代生殖毒性試験における雄性ラットの遺伝子発現プロファイル解析 第38回日本トキシコロジー学会学術年会 2011年7月
H23-27 武吉ら レポーター遺伝子アッセイの開発とその利用 第38回日本トキシコロジー学会学術年会 2011年7月
H23-28 原田ら 液相析出法による酸化チタン担持炭素繊維の作製とそれを用いる骨補填材料の評価 第48回化学関連支部合同九州大会 2011年7月
H23-29 飯塚ら 耐候性試験による劣化シミュレーションの検討 マテリアルライフ学会 第22回研究発表会 2011年7月
H23-30 山中ら 分画を駆使した究極のマーカー探索 創薬イノベーションフォーラム2011 2011年7月
H23-31 近藤ら 表面改質CNT配合ゴムの特異的な挙動(2) 社団法人日本ゴム協会2011年年次大会 2011年5月
H23-32 菊地ら 二酸化チタンがフェノール系老化防止剤の変色に及ぼす影響 社団法人日本ゴム協会2011年年次大会 2011年5月
H23-33 照沼ら 過酸化物架橋時のゴムと軟化剤の反応に関する研究 社団法人日本ゴム協会2011年年次大会 2011年5月
H23-34 伊東ら ゴムのオゾン劣化メカニズムの解明 社団法人日本ゴム協会2011年年次大会 2011年5月
H23-35 齊藤ら NMR法によるNBRの熱劣化解析 社団法人日本ゴム協会2011年年次大会 2011年5月
H23-36 大嶋ら エチレンプロピレンゴムの銅害メカニズムに関する研究 その(1)処理方法の検討 社団法人日本ゴム協会2011年年次大会 2011年5月
H23-37 乃一ら 加硫ゴムと熱可塑性プラスチックの疲労劣化挙動の比較 社団法人日本ゴム協会2011年年次大会 2011年5月
H23-38 寺尾ら ジエン系及び含塩素系ゴムの加硫に及ぼすオキシム類の添加効果 社団法人日本ゴム協会2011年年次大会 2011年5月
H23-39 吉岡ら プラスチック材料の熱分析による熱履歴の推定 社団法人日本ゴム協会2011年年次大会 2011年5月
ページの先頭へ戻る

平成22年度 論文発表 等

No. 発表者名 タイトル 題目・雑誌名
10-01 齊藤ら 高分解能13C-NMR法によるクロロプレンゴムの構造解析 日本ゴム協会誌, 84(2), 43-48 (2011)
10-02 三輪ら オゾン水中におけるEPDMの劣化機構 日本ゴム協会誌, 83(10), 324-330 (2010)
10-03 仲山ら 未架橋ゴム中の水分が架橋ゴムの物性及び架橋反応へ与える影響 日本ゴム協会誌, 83(10), 331-336 (2010)
10-04 赤堀 欧州新化学品規則(REACH)とその影響について 日本ゴム協会誌, 83(8), 252-257 (2010)
10-05 高橋ら OECD化学物質対策の動向(第16報)−第27回OECD高生産量化学物質初期評価会議(2008年オタワ) 化学生物総合管理学会誌, 6(2), 180-188 (2011)
10-06 松本ら OECD高生産量化学物質点検プログラム:第29回初期評価会議概要 化学生物総合管理学会誌, 6(2), 189-198 (2011)
10-07 宮地 改正化審法への対応と実務 ワールド・エコ・スコープ, 第75号 (2011)
10-08 窪田 CLP規則への対応 ワールド・エコ・スコープ, 第61号 (2010)
10-09 窪田 REACHの現状及び2010年11月30日の登録期限に向けて(2) 登録期限の選択 ワールド・エコ・スコープ, 第55号 (2010)
10-10 窪田 REACHの現状及び2010年11月30日の登録期限に向けて(1) ワールド・エコ・スコープ, 第53号 (2010)
10-11 春末ら ゴム・プラスチックのガス透過性評価とその事例 バリアフイルムの高機能化・評価事例集, 第6章第3節, 341-354 (2010)
10-12 隠塚 耐強度性、硬さ 実践 高分子の構造・物性分析・測定, 第8章, 129-149 (2010)
10-13 Shinohara,N. et al Modified Perfluorocarbon Tracer Method for Measuring Effective Multizone Air Exchange Rates Internation Journal of Environmental Research and Public Health, (7), 3348-3358 (2010)
10-14 四角目 分析の信頼性を支えるもの 標準物質の使い方 ぶんせき, 11月号, 562-570 (2010)
10-15 山澤 分析の信頼性を支えるもの 不確かさ評価−GC編− ぶんせき, 7月号, 324-329 (2010)
10-16 Mohamed Nassef et al Acute effects of triclosan, diclofenac and carbamazepine on feeding performance of Japanese medaka fish (Oryzias latipes) Chemosphere, 80(9), 1095-1100 (2010)
10-17 内田ら 珪藻Cylindrotheca closteriumが産生する赤潮ラフィド藻Heterosigma akashiwoに対するアレロパシー物質の同定 日本プランクトン学会報, 57(1), 13-20 (2010)
10-18 内田ら 珪藻Cylindrotheca closterium藻体内に存在する赤潮ラフィド藻Heterosigma akashiwoに対する殺藻物質の分離同定 日本プランクトン学会報, 57(1), 21-29 (2010)
10-19 神園 REACHの最新動向とその対応 ケミカルエンジニアリング, 55(6), 429-434 (2010)
10-20 宮地 トイレタリー製品と「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律」 COSMETIC STAGE, 5(3), 42-52 (2010)
ページの先頭へ戻る

平成22年度 口頭発表 等

No. 発表者名 タイトル 発表先 発表年月
H22-01 Saito,F. et al Novel short term prediction system for carcinogenicity of chemicals by hepatic trascript profiling in a 28-day repeat-dose toxicity study SOT(Society of Toxicology) 2011 Annual Meeting 2011年3月
H22-02 上原ら 基幹比較CCQM-K74の進捗状況について 平成22年度標準ガスクラブ(産総研計測クラブ) 2011年2月
H22-03 浅井ら イオン液体処理乾式シリカ配合EPDM架橋体の物性 社団法人日本ゴム協会第22回エラストマー討論会 2010年12月
H22-04 伊藤ら TPE系ナノコンポジットの創製と分散性評価(3) 社団法人日本ゴム協会第22回エラストマー討論会 2010年12月
H22-05 仲山ら 老化防止剤の構造変化と老化防止能 社団法人日本ゴム協会第22回エラストマー討論会 2010年12月
H22-06 三輪ら オゾン水に対するフッ素系エラストマーの耐久性及び評価に関する研究 社団法人日本ゴム協会第22回エラストマー討論会 2010年12月
H22-07 菊地ら 再生プラスチックの判別方法の開発 社団法人日本ゴム協会第22回エラストマー討論会 2010年12月
H22-08 近藤ら 表面改質CNT配合ゴムの特異的な挙動 社団法人日本ゴム協会第22回エラストマー討論会 2010年12月
H22-09 林ら ゴム物性に与える配合と加工条件の影響調査〜水蒸気透過性〜 社団法人日本ゴム協会第22回エラストマー討論会 2010年12月
H22-10 宮浦ら LLNA:BrdU-ELISA法の検出精度評価
Accuracy of LLNA: BrdU-ELISA to detect skin sensitization potential of chemicals
日本動物実験代替法学会 2010年12月
H22-11 若松ら 細菌を用いる光復帰突然変異試験によるキノリン系物質の光変異原性 日本環境変異原学会 第39回大会 2010年11月
H22-12 上野ら 計量法計量標準供給制度により供給されるホルムアルデヒド標準液の開発 日本分析化学会第59回年会 2010年9月
H22-13 堀内ら LLNA:BrdU-ELISA法の感作性物質検出精度
Accuracy of LLNA: BrdU-ELISA to detect skin sensitization potential of chemicals
第17回日本免疫毒性学会学術大会(JSIT2010) 2010年9月
H22-14 原田ら 酸化チタン炭餅炭素繊維の作成とその生態適合性 第48回炭素材料夏季セミナー(炭素材料学会主催) 2010年8月
H22-15 山澤ら 揮発性有機化合物を含有する水溶液の開発 日本環境測定分析協会
第22回日環協関東支部環境セミナーin Kofu 技術発表会
2010年7月
H22-16 原田ら 酸化チタン担持炭素繊維の作製とその生体適合性 第47回化学関連支部合同九州大会 2010年7月
H22-17 屋形ら 質量分析に基づくP-450タンパク質の多重解析 第37回BMSコンファレンス 2010年7月
H22-18 山中ら 松寿仙長期投与により増減するラット血清中タンパク質の解析 日本ヒトプロテオーム機構第8回大会 (日本プロテオーム学会2010年会) 2010年7月
H22-19 前田ら 反応性代謝物とタンパク質が形成するアダクトのプロテオーム解析 日本ヒトプロテオーム機構第8回大会 (日本プロテオーム学会2010年会) 2010年7月
H22-20 三輪ら オゾン水中におけるEPDMの劣化 日本オゾン協会第19回年次研究講演会 2010年6月
H22-21 Mohamed Nassef et al TOXIC RESPONSES OF MEDAKA FISH EMBRYOS TO PHARMACEUTICALS AND PERSONAL CARE PRODUCTS USING IN OVO NANOINJECTION THE ASIA/PACIFIC CHAPTER OF THE SOCIETY OF ENVIRONMENTAL TOXICOLOGY AND CHEMISTRY 2010 CONFERENCE 2010年6月
H22-22 齋藤ら 雌性ラットの性周期における遺伝子発現プロファイル
Gene expression profile of estrous cycle in female Sprague-Dawley rats.
第37回日本トキシコロジー学会学術年会 2010年6月
H22-23 松本ら Application of the GeneClip data to the short-term screening method for the prediction of chemical carcinogenicity
化学物質の短期発がん性スクリーニング法へのGeneChipデータの適用
第37回日本トキシコロジー学会学術年会 2010年6月
H22-24 山中ら ESI-Chip法による免疫グロブリン末端配列のシークエンシング 第58回質量分析総合討論会 2010年6月
H22-25 長ら 引張特性に及ぼす打抜き刃の影響について 社団法人日本ゴム協会2010年年次大会 2010年5月
H22-26 寺尾ら ジエン系ゴムの加硫に及ぼすオキシム類の添加効果 社団法人日本ゴム協会2010年年次大会 2010年5月
H22-27 森ら エタノール添加ガソリンによるゴムの膨潤について 社団法人日本ゴム協会2010年年次大会 2010年5月
H22-28 飯塚ら 耐候性試験による劣化因子の解明 社団法人日本ゴム協会2010年年次大会 2010年5月
H22-29 伊藤ら エラストマー材料のポアソン比のひずみ及び温度依存性 社団法人日本ゴム協会2010年年次大会 2010年5月
H22-30 小林ら AFM:高次共振モードを用いたエラストマー材料断面評価 社団法人日本ゴム協会2010年年次大会 2010年5月
H22-31 齊藤ら NMR法によるクロロプレンゴムの劣化解析 社団法人日本ゴム協会2010年年次大会 2010年5月
H22-32 仲山ら 老化防止剤の劣化による構造変化 社団法人日本ゴム協会2010年年次大会 2010年5月
H22-33 三輪ら オゾン水中におけるEPDMの劣化U 社団法人日本ゴム協会2011年年次大会 2010年5月
H22-34 三輪ら オゾン水中におけるEPDM表面の劣化 第18回複合材料界面シンポジウム 2010年4月
H22-35 菊地ら 高分子材料用添加剤による拮抗作用 第18回複合材料界面シンポジウム 2010年4月
H22-36 Miyake,Y. et al Preliminary health risk assessment for Hexabromocyclododecane (HBCD) in a flame retarded curtain in Japan 5th International Symposium on Brominated Flame Retardants (BFR2010) 2010年4月
ページの先頭へ戻る

平成21年度 論文発表 等

No. 発表者名 タイトル 題目・雑誌名
09-01 窪田ら 化学物質総合管理に関する企業活動評価-2008年調査結果の概要- 化学生物総合管理, 6(1), 108-124 (2010)
09-02 宮地 既存化学物質の安全性評価とJapanチャレンジプログラム 化学装置, 4月号, 91-95 (2010)
09-03 仲山ら 過酸化物架橋エチレンプロピレンゴムの残存過酸化物による劣化機構の解析 日本ゴム協会誌, 3月号, 65-70 (2010)
09-04 吉川 「化学物質の安全管理、安全性評価 連載7」、「特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律(化審法)の動向」 化学装置, 3月号、69-72 (2010)
09-05 Umano,T. et al Enhanced OECD TG 407 in detection of endocrine-mediated effects of 4,4'-(octahydro-4,7-methano-5H-inden-5-ylidene)bisphenol Archives of Toxicology, 84, 175-182 (2010)
09-06 上野ら 揮発性有機化合物標準液の濃度の精確さに対する容器空隙率の影響 分析化学, 59(4), 293-300 (2010)
09-07 宮地 欧米における化学物質管理の動向 化学装置, 2月号, 81-86 (2010)
09-08 Mohamed Nassef et al In ovo nanoinjection of triclosan, diclofenac and carbamazepine affects embryonic development of medaka fish (Oryzias latipes)  Chemosphere, 79, Issue 9, 966-973 (2010)
09-09 上野ら 多成分混合標準液による少数成分の混合標準液への値付けの信頼性について 分析化学, 59(2), 117-123 (2010)
09-10 近藤ら フラーレン類の老化防止効果と老化防止メカニズムに関する研究 日本ゴム協会誌, 83(1)、28-33 (2010)
09-11 宮地 アジアにおける化学物質管理の動向 化学装置, 12月号, 71-76 (2009)
09-12 四角目ら 化学分析分野における測定不確かさ評価への取り組み 標準化と品質管理, 62(11), 88-95 (2009)
09-13 久樂 ソナグラムによる音源識別と音源種数の計数に基づく音環境の質的評価方法の検討 サウンドスケープ, 11(1), 29-38 (2009)
09-14 松本 標準物質と化学分析 ぶんせき, 12, 700 (2009)
09-15 赤堀 定量的構造活性相関((Q)SAR)手法の有害性評価への活用 環境管理, 45(10), 33-37 (2009)
09-16 神園 化学品の分類及び表示に関する世界調和システム(GHS)と安全性データシート(MSDS) - (2) 化学装置, 11月号, 165-170 (2009)
09-17 神園 化学品の分類及び表示に関する世界調和システム(GHS)と安全性データシート(MSDS) 化学装置, 10月号, 82-87 (2010)
09-18 齊藤 NMR法による改質天然ゴムのキャラクタリゼーション 日本ゴム協会誌, 82(10), 450-456 (2009)
09-19 吉川 GHSおよびREACHにおける液体粘度の計算による推定法 化学装置, 9月号, 46-51 (2009)
09-20 宮地ら OECD高生産量化学物質点検プログラム:第28回初期評価会議概要 化学生物総合管理, 5(2), 201-209 (2009)
09-21 宮地 化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律の改正 化学装置, 9月号, 81-85 (2009)
09-22 宮地 化学物質の安全管理、安全性評価
化学物質の安全管理、安全性評価の国際動向
化学装置, 8月号, 78-82 (2009)
09-23 和田 ガスクロマトグラフ質量分析のための中空繊維-液相マイクロ抽出法(HF-LPME) ぶんせき, 第9号, 522-523 (2009)
09-24 山中ら プロテオミクスの新しい利用方法 ぶんせき, 第10号, 568 - 572 (2009)
09-25 Yamasaki,K. et al Effects of in utero through loctational exposure to dicyclohexyl phthalate and p,p'-DDE in Sprague-Dawley rats Toxicology Letters, 189, 14-20 (2009)
09-26 高橋ら OECD化学物質対策の動向(第15報)-第25回、第26回OECD高生産量化学物質初期評価会議(2007年ヘルシンキ、2008年パリ) 化学生物総合管理, 5(2), 193-200 (2009)
09-27 Ishii,S. et al Evaluation for skin sensitization based on published literatures (existing information) of major PRTR designated chemical substances in Japan Regulatory Toxicology and Pharmacology, 55, 43–51 (2009)
09-28 Umano,T. et al Uterotrophic assay, Hershberger assay, and subacute oral toxicity study of 3-amino-1,2,4-triazole based on the Organization for Economic Co-operation and Development draft protocols Archives of Toxicology, 83, 459-467 (2009)
09-29 近藤ら プラスチックの振動試験技術 プラスチックス, 60(12), 66-69 (2009)
09-30 春末ら エラストマーの気体透過性評価方法 日本ゴム協会誌, 83(1)、14-19 (2009)
09-31 山中 ショットガンプロテオミクス THE LUNG  perspectives, 17(3), 314 - 320 (2009)
ページの先頭へ戻る

平成21年度 口頭発表 等

No. 発表者名 タイトル 発表先 発表年月
H21-01 坂牧ら 高度エンドキャッピングを施した超高速LCカラムの開発 第15回LCテクノプラザ 2010年1月
H21-02 沢田ら 国際基幹比較CCQM-K74の事前検討の結果について 平成21年度標準ガスクラブ(産総研計測クラブ) 2010年1月
H21-03 菊地ら フェノール系酸化防止剤と抗菌剤による変色を伴う拮抗作用 社団法人日本ゴム協会第21回エラストマー討論会 2009年12月
H21-04 伊東ら TPE系ナノコンポジットの創製と分散性評価(2) 社団法人日本ゴム協会第21回エラストマー討論会 2009年12月
H21-05 伊藤ら 配合ゴムの熟成とその時間依存性 社団法人日本ゴム協会第21回エラストマー討論会 2009年12月
H21-06 仲山ら 過酸化物架橋エチレンプロピレンゴムの残存過酸化物による劣化機構の解析(そのW) 社団法人日本ゴム協会第21回エラストマー討論会 2009年12月
H21-07 三輪ら オゾン水中におけるEPDMの劣化 社団法人日本ゴム協会第21回エラストマー討論会 2009年12月
H21-08 齊藤ら NMR法によるクロロプレンゴムの構造解析 社団法人日本ゴム協会第21回エラストマー討論会 2009年12月
H21-09 山中ら PROTEOMIC ANALYSIS OF THE INSOLUBLE PROTEIN ADDUCTS INDUCED BY REACTIVE MATABOLITES 日本薬物動態学会 第24回年会 2009年11月
H21-10 若松ら 細菌を用いる光復帰突然変異試験における評価手法の検証 日本環境変異原学会 第38回大会 2009年11月
H21-11 Kondo, h. et al Anti-aging mechanism of fullerenol-containing natural rubber 第22回マイクロプロセス・ナノテクノロジー国際会議 2009年11月
H21-12 赤堀 新規経口急性毒性Alertの検索(New Structural Alert for mammalian oral acute toxicity) 第37回QSARシンポジウム 2009年11月
H21-13 坂牧ら 高度エンドキャッピングがもたらす2µmODSカラムの特性 第20回クロマトグラフィー科学会議 2009年11月
H21-14 Yamanaka,H. et al Protein marker Discovery for endocrine disrupters 4th Toxicity & Drug Safety 2009年10月
H21-15 横田ら メダカマイクロアレイを用いたジクロフェナクの魚類に対する毒性機序の解析 第15回日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会合同研究発表会 2009年10月
H21-16 大嶋ら メダカの行動に及ぼす農薬、医薬品および生活関連化学物質の影響 第15回日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会 2009年10月
H21-17 Matsumoto,H. et al Application of Sprague-Dawley rats to the short-term screening method for the prediction of chemical carcinogenicity 第68回 日本癌学会学術総会 2009年10月
H21-18 Takeyoshi,M. et al Validation Study for Non-Radioisotopic Local Lymph Node Assay Based on BrdU Incorporation (LLNA-BrdU) Z World Congress on Alternatives & Animal Use in the Life Sciences (WC7) 2009年8月
H21-19 Miyake,Y. et al THERMAL EMISSION RATE OF HEXABROMOCYCLODODECANE (HBCD) FROM THE SURFACE OF A FLAME RETARDED CURTAIN IN JAPAN 29th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants (Dioxin 2009) 2009年8月
H21-20 Miyake,Y. et al EXPOSURE TO HEXABROMOCYCLODODECANE (HBCD) EMITTED INTO INDOOR AIR BY DRAWING FLAME RETARDED CURTAIN 29th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants (Dioxin 2009) 2009年8月
H21-21 山中ら Chip-Based Infusion法によるユビキチン化タンパク質の網羅的解析 日本ヒトプロテオーム機構 第7回大会 2009年7月
H21-22 前田ら 抗体カラム処理後の血中たんぱく質の2D-DIGEを用いた定量比較の再現性評価 日本ヒトプロテオーム機構 第7回大会 2009年7月
H21-23 穴井 非臨床CROにおける試験従事者の教育事例と取組 第36回目日本トキシコロジー学会学術年会 2009年7月
H21-24 堀内ら プロテオミクスを利用したラットにおけるエストロゲン作用マーカー探索 第36回日本トキシコロジー学会学術年会 2009年7月
H21-25 齋藤ら 短期発がん性予測システムのSDラットへの適用性 第36回日本トキシコロジー学会学術年会 2009年7月
H21-26 石井ら CR加硫ゴム中のポリマー量及びカーボンブラック量の簡易定量方法の検討(2) 社団法人日本ゴム協会 2009年年次大会研究発表講演会 2009年5月
H21-27 宮田ら ケミルミネッセンスによる天然ゴムの劣化評価 社団法人日本ゴム協会 2009年年次大会研究発表講演会 2009年5月
H21-28 齊藤ら 水分が架橋反応に及ぼす影響(2) 日本ゴム協会 2009年年次大会研究発表講演会 2009年5月
H21-29 三輪ら パルスNMRによるFKMの架橋密度評価 社団法人日本ゴム協会 2009年年次大会研究発表講演会 2009年5月
H21-30 伊東ら オゾン劣化加硫ゴムの組成変化 社団法人日本ゴム協会 2009年年次大会研究発表講演会 2009年5月
H21-31 仲山ら 水分が架橋反応に及ぼす影響(1) 社団法人日本ゴム協会 2009年年次大会研究発表講演会 2009年5月
H21-32 山内ら りん系酸化防止剤の変色に対する抑制効果 社団法人日本ゴム協会 2009年年次大会研究発表講演会 2009年5月
H21-33 菊地ら フェノール系老化防止剤の変色事象の検討 社団法人日本ゴム協会 2009年年次大会研究発表講演会 2009年5月
H21-34 堤ら 難燃材料に対する難燃特性評価方法の検討 社団法人日本ゴム協会 2009年年次大会研究発表講演会 2009年5月
H21-35 伊藤ら TPE系ナノコンポジットの創製と分散性評価 社団法人日本ゴム協会 2009年年次大会研究発表講演会 2009年5月
H21-36 春末ら 直交表を用いたゴム配合・加工の圧縮永久ひずみに対する影響調査 社団法人日本ゴム協会 2009年年次大会研究発表講演会 2009年5月
H21-37 上野ら 多成分混合標準液による少数成分の混合標準液への値付けの信頼性について 第70回分析化学討論会 2009年5月
ページの先頭へ戻る

平成20年度 論文発表 等

No. 発表者名 タイトル 題目・雑誌名
08-01 神園 CLP規則とREACH対応 ワールド・エコ・スコープ, 第27号 (2009)
08-02 窪田 REACH予備登録後の最新状況と登録への対応 ワールド・エコ・スコープ, 第25号 (2009)
08-03 横田 遺伝子発現解析に基づく生態毒性予測法の開発 環境毒性学会誌, 11(2), 91-94 (2008)
08-04 神園ら 化学物質総合管理に関する企業活動評価(概要) -2007年度調査結果- 化学生物総合管理, 4(2), 154-174 (2009)
08-05 窪田ら 化学物質総合管理に関する企業活動評価(企業別) -2007年度調査結果- 化学生物総合管理, 4(2), 175-206 (2009)
08-06 宮地ら OECD高生産量化学物質点検プログラム:第27回初期評価会議概要 化学生物総合管理, 5(1), 105-115 (2009)
08-07 Watanabe,T. et al Biodegradability and Degrading Microbes of Low-Density Polyethylene Journal of Applied Polymer Science, 111, 551-559 (2009)
08-08 窪田 欧州REACHを中心とした2008年の製品環境規制の動向及び2009年以降の当該規制の動向 Word Eco Scope 2009, 6-7 (2009)
08-09 四角目ら 「データの評価(1);統計的手法の基礎」及び「データの評価(2);不確かさとその求め方」 化学分析・試験に役立つ標準物質活用ガイド, 30-49 (2009)
08-10 須藤 ODSのエンドキャッピング法の開発 ぶんせき, 2, 84-87 (2009)
08-11 Yoshino,T. et al Novel method for evaluation of chemicals based on ligand-dependent recruitment of GFP labeled coactivator to estrogen receptor displayed on bacterial magnetic particles Analytica Chimica Acta, 626, 71-77 (2008)
08-12 近藤ら ウエットプロセスを用いた水酸化フラーレンによる天然ゴムの補強と老化防止効果 日本ゴム協会誌, 82(3), 98-104 (2009)
08-13 片岡 PFOSの国内外における規制に関する動向 空気清浄, 46(3), 58-65 (2008)
08-14 四角目 財団法人化学物質評価研究機構のJCSSへの取組み 計測サークルニュース, 37(4), 7-12 (2008)
08-15 窪田 欧州新化学品規制REACHワンポイントアドバイス アイソス, 10月号,11月号 (2008), 3月号 (2009)
08-16 四角目 計量法標準供給制度による標準液について 和光純薬時報, 76(4), 2-5 (2008)
08-17 Hiromatsu,K. et al Prediction for Biodegradability of Chemicals by Kernel Partial Least Squares Journal of Computer Aided Chemistry, 10, 1-9 (2009)
08-18 窪田 EU新化学品規制REACH最新動向 M&E, 35(9), 126-128 (2008)
08-19 宮地ら OECD高生産量化学物質点検プログラム:第26回初期評価会議概要 化学生物総合管理, 4(2), 237-245 (2008)
08-20 仲山ら 示差走査熱量計による昇温法と等温法の測定値の精度検討と劣化検出 日本ゴム協会誌, 81(11), 447-453 (2008)
08-21 仲山ら 酸化開始温度による加硫ゴム、プラスチックの劣化評価 日本ゴム協会誌, 81(11), 467-472 (2008)
08-22 宮地 化学物質管理規制の最新動向紹介 アイソス, 127, 12-15 (2008)
08-23 宮地ら OECD化学物質対策の動向(第14報):第23回、第24回OECD高生産量化学物質初期評価会議 化学生物総合管理, 4(2), 225-236 (2008)
08-24 和田 LC/MSを正しく使いこなす ぶんせき, 10, 524-529 (2008)
08-25 片桐ら メチルイソチオシアネートの水域環境における分解挙動 水環境学会誌, 32(4), 51-56 (2009)
08-26 田嶋 GC/MSを正しく使いこなす ぶんせき, 11, 576-581 (2008)
08-27 窪田 欧州新化学品規制REACH対応のためのキーワード アイソス, 4月号〜9月号 (2008)
08-28 宮地ら OECD高生産量化学物質点検プログラム:第25回初期評価会議概要 化学生物総合管理, 4(1), 136-143 (2008)
08-29 菊地 高分子材料中の添加剤解析法 高分子添加剤の基礎化学と材料設計, 88-105 (2008)
08-30 渡邊ら 生分解誘引剤を添加した低密度ポリエチレンの長期土壌埋設13年による生分解挙動 日本ゴム協会誌, 81(6), 204-210 (2008)
08-31 四角目ら 日本分析化学会の技能試験 4.5 トレーサビリティと不確かさを理解するための技能試験 分析化学, 57(6), 393-409 (2008)
08-32 屋形 生物濃縮と分析技術 ぶんせき, 5, 251-252 (2008)
08-33 上野ら 計量法トレーサビリティ制度により供給される揮発性有機化合物標準液の開発 分析化学, 57(6), 439-446 (2008)
08-34 四角目ら 9.数値の表し方と丸め方、16.化学分析における校正、17.化学分析の信頼性、18.記録、19.実験室、20.化学分析上の安全、衛生 化学分析の基礎と実際, 35-39, 359-396 (2008)
08-35 Asai,D. et al Direct Measure of Fluorescence Intensity for Efficient Receptor-binding Assay: Conjugates of Ethinylcarboxyestradiol and 5(and 6)-Carboxyfluorescein via α,ω-Diaminoalkanes as a Tracer for Estrogen Receptor Journal of Biochemistry, 143(6), 781-792 (2008)
08-36 Yamasaki,K. et al Uterotrophic assay, Hershberger assay, and subacuteoral toxicity study of 4,4'-butylidenebis(2-tert-butyl-5-methylphenol) based on the OECD Draft Protocols Archive of Toxicology, 82, 301-311 (2008)
08-37 Akahori,Y. et al Relationship between the results of in vitro receptor binding assay to human Estrogen Receptor alpha and in vivo Uterotrophic assay: Comparative study with 65 selected chemicals Toxicology in vitro, 22, 225-231 (2008)
08-38 Seki,M. et al Acute toxicity of fullerene C60 in aquqtic organisms 環境科学会誌, 21, 53-62 (2008)
ページの先頭へ戻る

平成20年度 口頭発表 等

No. 発表者名 タイトル 発表先 発表年月
H20-01 山中ら 松寿仙服用により増減する血清タンパク質のプロテオーム解析 日本薬学会第129年会 2009年3月
H20-02 久保田ら 環境中PPCPsのモニタリングとヒトへの環境影響評価のための試算 第43回日本水環境学会年会 2009年3月
H20-03 Mohamed Nassef, et al Mixture toxicity of pharmaceuticals and personal care products combinations on embryos of medaka fish (Oryzias latipes) by in ovo nanoinjection 水環境学会九州支部会 2009年2月
H20-04 松本ら メダカの摂餌行動に及ぼす医薬品および生活用品関連物質の影響 水産学会九州支部大会 2009年1月
H20-05 齋藤ら 安定型ヒトTumor Necrosis Factor Receptor T(hTNFRI)ノックダウン細胞株を用いた毒性評価 シンポジウム「医薬品探索・開発のための細胞アッセイ技術」 2009年1月
H20-06 Fujishima,S., et al ナノ材料のin vitro安全性評価手法の開発 -2-フラーレンC60 日本環境変異原学会第37回大会 2008年12月
H20-07 伊藤ら 靴滑り試験機を用いた耐滑性試験の検討(2) 日本ゴム協会第20回エラストマー討論会 2008年12月
H20-08 伊東ら オゾン劣化検出手法の検討 日本ゴム協会第21回エラストマー討論会 2008年12月
H20-09 菊地ら 光安定剤HALSがフェノール系老化防止剤の変色に及ぼす影響(3) 日本ゴム協会第22回エラストマー討論会 2008年12月
H20-10 近藤ら フラーレン系ナノ粒子の老化防止効果に関する研究(2) 日本ゴム協会第23回エラストマー討論会 2008年12月
H20-11 坂牧ら Performance of C18 stationary phase prepared by new end-capping method HPLC 2008 Kyoto 2008年12月
H20-12 松岡ら ナノ材料の細胞毒性に及ぼす粒子径の影響について 日本バイオマテリアル学会シンポジウム 2008年11月
H20-13 Adachi,R. et al Monitoring of PPCPs in Aquatic Ecosystem and Chronic Toxicity Study on Fish Society of Environmental Toxicology and Chemistry (SETAC) North America 29th Annual Meeting Nov. 2008
H20-14 Kubota,R. et al Monitoring of Pharmaceuticals and Personal Care Products (PPCPs) in Aquatic Environment in Japan and Evaluation of the Removal Efficiency on the Assumption of the Water Purification Process Society of Environmental Toxicology and Chemistry (SETAC) North America 29th Annual Meeting Nov. 2008
H20-15 武吉ら LLNA-BrdU法の施設間バリデーション研究 日本動物実験代替法学会 第21回大会 2008年11月
H20-16 Yamanaka,H. et al Direct identification of cytochrome P450 protein polymorphism with nanoLC-MS/MS peptide sequencing Biomarkers Europe 2008 Nov. 2008
H20-17 Yamanaka,H. et al Novel strategy for the low molecular weight protein marker discovery with focused proteomics Biomarkers Europe 2009 Nov. 2008
H20-18 齋藤ら 毒性物質のF344ラットを用いた短期間投与におけるがん特異的な遺伝子発現 第67回日本癌学会学術会議 2008年10月
H20-19 Miyaura,H. et al Estimation of practical cut-off point of relative binding affinity to estrogen receptor which determine the presence or absence of in vivo uterotrophic activity of chemicals CBI学会 2008年大会 2008年10月
H20-20 窪田ら 化学物質総合管理に関する企業活動の評価-2007年度評価結果の概要- 化学生物総合管理学会 第5回学術総会 2008年10月
H20-21 近藤ら ナノカーボンのウエットプロセス法によるコンポジット化 高分子学会、高分子討論会 2008年9月
H20-22 横田 遺伝子発現解析に基づく簡易生態毒性予測法の開発 第14回日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会合同研究発表会 2008年8月
H20-23 横田 生態毒性用メダカマイクロアレイの開発 第14回日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会合同研究発表会 2008年8月
H20-24 関ら PPCPsの環境モニタリングとジクロフェナックの魚類長期毒性試験 第14回日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会合同研究発表会 2008年8月
H20-25 山中ら 低分子量タンパク質、ペプチドの網羅的解析に基づくマーカー検索 日本ヒトプロテオーム機構第6回大会 2008年7月
H20-26 梶原ら 切歯標本におけるギ酸ホルマリン脱灰液のベルリン青反応に及ぼす影響 実験病理組織技術研究会 第15回総会・学術集会 2008年7月
H20-27 安達ら フラーレンC60のオオミジンコに対する急性毒性 第35回日本トキシコロジー学会学術年会 2008年6月
H20-28 関ら 水環境中PPCPsのモニタリングとジクロフェナックの魚類に対する長期毒性試験 第35回日本トキシコロジー学会学術年会 2008年6月
H20-29 齋藤ら フタル酸類のAR非依存性抗アンドロゲン作用の分子構造 第35回日本トキシコロジー学会学術年会 2008年6月
H20-30 宮浦ら メタボノミクスによるエストロゲン作用マーカーの検索 第35回日本トキシコロジー学会学術年会 2008年6月
H20-31 堀内ら 尿プロテオミクスによるエストロゲン作用マーカーの同定 第35回日本トキシコロジー学会学術年会 2008年6月
H20-32 若松ら 細菌を用いた光復帰突然変異試験の確立 第35回日本トキシコロジー学会学術年会 2008年6月
H20-33 北村ら 生態毒性における既存毒性データからの慢性毒性値の推定の試み 日本環境化学会、第17回環境化学討論会 2008年6月
H20-34 山中ら マーカー検索を志向した低分子量タンパク質のプロテオーム解析 第8回日本蛋白質科学会年会 2008年6月
H20-35 春末ら ゴムのガス透過性に対する影響調査 〜配合〜 日本ゴム協会2008年年次大会 2008年5月
H20-36 菊地 光安定剤HALSがフェノール系老化防止剤の変色に及ぼす影響(2) 日本ゴム協会2008年年次大会 2008年5月
H20-37 伊藤ら 耐滑性試験の検討(2) 日本ゴム協会2008年年次大会 2008年5月
H20-38 飯塚ら 新燃料のゴム材料に対する影響 日本ゴム協会2008年年次大会 2008年5月
H20-39 三輪ら 残留塩素と共存する金属部品がポリアセタールに及ぼす影響 日本ゴム協会2008年年次大会 2008年5月
H20-40 柳谷ら フッ素ゴムの劣化とガラス溶解の関連 日本ゴム協会2008年年次大会 2008年5月
H20-41 仲山ら 過酸化物架橋エチレンプロピレンゴムにおける過酸化物配合量がゴム物性および劣化に及ぼす影響の検討 日本ゴム協会2008年年次大会 2008年5月
H20-42 近藤ら フラーレン系ナノ粒子の老化防止効果に関する研究 日本ゴム協会2008年年次大会 2008年5月
H20-43 寺尾ら ナノ粒子のウェットプロセスによる水系高分子のコンポジット化(X) 日本ゴム協会2008年年次大会 2008年5月
H20-44 伊藤ら CR加硫ゴム中のポリマー量及びカーボンブラック量の簡易定量法の検討 日本ゴム協会2008年年次大会 2008年5月
H20-45 松田ら 新規逆相HPLCカラムの開発 日本ゴム協会2008年年次大会 2008年5月
H20-46 山中ら 質量分析に基づくP450タンパク質の多重解析 第56回質量分析総合討論会 2008年5月
H20-47 山下ら アカニシとツノアカニシは別種か? 日本貝類学会 2008年4月