業務案内

  1. Home
  2. 業務案内
  3. 環境調査(水・大気・土壌)
  4. 有害大気汚染物質の測定

有害大気汚染物質の測定

  1. 有害大気汚染物質の測定

有害大気汚染物質の測定

 「大気汚染防止法」により、ばい煙、粉じん、特定物質、有害大気汚染物質の排出量が規制されています。「有害大気汚染物質」とは、改正大気汚染防止法 (平成9年4月1日施行)第2条において、低濃度であっても長期的な摂取により健康影響が生ずるおそれのある物質で大気汚染の原因となる物質です(平成22年10月18日、中央環境審議会「今後の有害大気汚染物質対策のあり方について(第九次答申)」)。該当する可能性のある物質として248種類、そのうち特に優先的に対策に取り組むべき物質(優先取組物質)として次の23種類がリストアップされています。

  本機構ではこれら規制物質のサンプリング、測定分析を行っています。

有害大気汚染物質に該当する可能性がある物質(248物質)
優先取組物質(23物質)
(平成22年第9次答申)
環境基準(4物質)(環境基本法に基づく告示)
指定物質抑制基準(3物質) (大気汚染防止法附則に基づく告示)
・ベンゼン   ・テトラクロロエチレン   ・トリクロロエチレン
・ジクロロメタン
指針値(8物質)
・アクリロニトリル ・塩化ビニルモノマー ・水銀及びその化合物 ・ニッケル化合物
・クロロホルム   ・1,2-ジクロロエタン ・1,3-ブタジエン    ・ヒ素及びその化合物
・アセトアルデヒド ・塩化メチル ・クロム及び三価クロム化合物 ・六価クロム化合物
・ 酸化エチレン ・トルエン ・ベリリウム及びその化合物  ・ベンゾ[a]ピレン  ・ホルムアルデヒド
・マンガン及びその化合物  ・ダイオキシン類(ダイオキシン類特別措置法に基づき対応)
   ・その他226物質(注)

(注)有害大気汚染物質に該当する可能性がある物質である「クロム及びその化合物」は、優先取組物質においては「クロム及び三価クロム化合物」及び「六価クロム化合物」の2つの物質として分類されているため、優先取組物質以外の物質数は226物質となります。

  • 有害大気汚染物質測定用ガスクロマトグラフ/質量分析計(GC/MS)
    有害大気汚染物質測定用
    ガスクロマトグラフ/質量分析計 (GC/MS)
  • ダイオキシン類PCB等測定用高分解能ガスクロマトグラフ/質量分析計(HRGC/HRMS)
    ダイオキシン類PCB等 測定用高分解能
    ガスクロマトグラフ/質量分析計(HRGC/HRMS)
  • 有害大気汚染物質測定用液体クロマトグラフ/質量分析計(LC/MS)
    有害大気汚染物質測定用
    液体クロマトグラフ/質量分析計 (LC/MS)
  • 金属測定用誘導結合プラズマ発光分光分析計(ICP/AES)
    金属測定用誘導結合
    プラズマ発光分光分析計 (ICP/AES)