業務案内

  1. Home
  2. 業務案内
  3. 食品・製品等の分析、評価
  4. 製品中の副生HCB及びPCBの分析

製品中の副生HCB及びPCBの分析

  1. 製品中の副生HCB及びPCBの分析

製品中の副生ヘキサクロロベンゼン(HCB)及びポリ塩化ビフェニル(PCB)の分析

 本機構では、様々な製品中の副生HCB及びPCBの分析(含有・溶出試験)を実施しています。

 HCB及びPCBは、化審法の第一種特定化学物質として規制されており、非意図的な副生であっても原則として同様な規制が適用されます。ただし、代替が困難で微量な副生成物については、人又は動植物へ悪影響を及ぼすことなく、副生量の低減に向けた最大限の努力がなされることを前提に、第一種特定化学物質として取り扱わないものとされています1)。その判断基準として、国は、必要に応じ、工業技術的・経済的に可能なレベル(BAT2)レベル)を設定し、これまでにHCBについて下記のBATレベルが示されています。

【副生するHCB含有量の基準値 (BATレベル)】

(1) テトラクロロ無水フタル酸(TCPA): 200 ppm

(2) TCPA由来顔料 (ピグメントエロー138を除く): 10 ppm

(3) フタロシアニン系顔料(ピグメントグリーン36のみ): 10 ppm

 PCBについては、平成24年2月10日の経済産業省の報道発表で、一部の有機顔料が、製造工程において非意図的に副生した微量のPCBを含有していることが公表されました。現在、関係省庁により有機顔料及び当該顔料を使用した製品の調査、また、それら製品に対するリスク評価等が検討されており、今後、HCBと同様にBATレベルが設定される予定です。

【有機顔料中に副生するPCBを含有するおそれのある製品の例】

印刷インキ、塗料、着色ゴム、合成樹脂、繊維(捺染)、
着色紙、文具など

 本機構では、副生HCB及びPCBの分析だけでなく、その他の副生第一種特定化学物質の分析にも対応しています。また、含有のおそれのある製品のリスク評価も行っていますので、お気軽にご相談ください。

 

1) 化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律の運用について(平成23年3月31日 薬食発0331第5号、平成23・03・29製局第3号、環保企発第110331007号)

2) BAT: Best Available Technology/Techniques (利用可能な最良の技術)