業務案内

  1. Home
  2. 業務案内
  3. 食品・製品等の分析、評価
  4. 絶縁油中の微量PCBの分析

絶縁油中の微量PCBの分析

  1. 絶縁油中の微量PCBの分析

絶縁油中の微量PCBの分析

絶縁油中PCBの確認はお済みですか?
〜トランス・コンデンサ等のPCB廃棄物処分は2016年7月までに〜

 PCBに汚染された絶縁油を含むトランス・コンデンサ等は、「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」(平成13年7月15日施行)に基づき、2016年7月14日までに処分することが義務づけられています。

 処理基準である0.5mg/kgを越えた場合はPCB廃棄物となり、焼却処理等の対象となりますので、事前にPCB混入の有無を確認する必要があります。

 本機構では、環境省より公表された簡易測定マニュアルによる、 トランス・コンデンサ等絶縁油中のPCBを簡易定量法で分析いたします。

分析方法 ・溶媒希釈/ガスクロマトグラフ/高分解能質量分析(GC/HRMS)法
・高濃度硫酸処理/シリカゲルカラム分画/キャピラリーガスクロマトグラフ/電子捕獲型検出器(GC/ECD)法
報告下限値 0.15 mg/kg以下
試料採取 ・試料採取キット(容器及び採取用スポイト・使い捨て手袋等)を無料にて送付致します。
・試料採取の上、試料10mL程度をお送りください。
・不慣れなお客様の場合、試料採取も本機構で承りますが、別途費用が必要となります。
通常納期 試料到着後1〜2週間 (お急ぎの場合はご相談ください)
残試料のご返却 環廃産発第040217005号産業廃棄物課長通知により、原則として残試料はお客様にご返却させていただきます。
  • ガスクロマトグラフ/高分解能質量分析装置(GC/HRMS)
    ガスクロマトグラフ/高分解能質量分析装置(GC/HRMS)
  • ガスクロマトグラフ/電子捕獲型検出装置(GC/ECD)
    ガスクロマトグラフ/電子捕獲型検出装置(GC/ECD)

 

 従来の精密な定量分析法である(1)平成4年厚生省告示別表第2に定める方法にも対応しておりますので、より詳細なPCB分析結果が必要な場合はご相談ください。