業務案内

  1. Home
  2. 業務案内
  3. 食品・製品等の分析、評価
  4. ガス発生装置及び精製装置の性能評価

ガス発生装置及び精製装置の性能評価

  1. ガス発生装置の性能評価

ガス発生装置及び精製装置

リーフレット

 慢性呼吸不全の患者さんが自宅に酸素濃縮式供給装置や酸素ボンベを用意して、常時酸素吸入を受けながら生活を行う在宅酸素療法が、1985年から保険適用になりました。現在では多くの患者さんが在宅酸素療法を行っています。これらの患者さんに安心して酸素濃縮式供給装置を使用していただくためには、性能評価が不可欠です。
 本機構では、室内空気(酸素濃縮前)及び発生ガス中の成分・不純物(酸素、窒素、アルゴン、水素、一酸化炭素、二酸化炭素、全炭化水素、一酸化窒素、二酸化窒素及び二酸化硫黄等)の濃度分析を行うことにより、性能評価を行っています。また、窒素ガス発生装置から発生する成分・不純物の濃度分析も行います。

  また空気精製装置は、ガス分析のゼロガス用や、水素炎イオン検出器(FID)の助燃用として使われております。それらの用途では、精製空気中の不純物が分析結果に影響するため、それらの評価が重要になります。
 本機構では、室内及び発生ガス中の不純物(水素、一酸化炭素、二酸化炭素、全炭化水素、一酸化窒素、二酸化窒素及び二酸化硫黄等)の濃度分析を行うことにより、性能評価を行っています。
空気精製装置以外にも、窒素精製装置や水素精製装置で不純物分析をします。

分析項目の一例と分析装置の一例をご紹介します。

  1. 酸素濃縮式供給装置から発生するガスの成分分析

    N2、O2、Ar、H2、CO、CO2、全炭化水素、NO、NO2及びSO2

  2. 窒素ガス発生装置から発生するガスの成分分析

    N2、O2、Ar、H2、CO、CO2、全炭化水素、NO、NO2及びSO2

  • 磁気式酸素計
    磁気式酸素計