業務案内

  1. Home
  2. 業務案内
  3. 食品・製品等の分析、評価
  4. グリーン調達対象物質の分析

グリーン調達対象物質の分析

  1. グリーン調達対象物質の分析

グリーン調達対象物質の分析

 地球環境問題に関する関心が高まるにつれ、経済活動により発生する環境負荷要因を可能な限り抑制しようとする動きが国際的に加速する状況にありま す。最終製品における有害化学物質についても、欧州における電気電子機器に含まれる特定化学物質の使用制限に関する指令(RoHS指令)などに代表される ような規制が制定、施行され始めてきています。
 現在、日本国内の大手情報関連機器メーカーを中心に発足したグリーン調達調査共通化協議会などでこれらへの対応を検討しており、2004年にはガイドライ ンが公開されています。調査対象化学物質は24物質群、物質数としては数百物質がリストにあがっています(Ver.3.00)。

 本機構では、過去の経験をもとに、これらの化学物質について信頼性が高く、かつ合理的な分析法の確立を検討してきました。現在、下記のフロースキー ムに基づく試験のご依頼をお受けしています。詳細についてはお問い合わせください。
 この試験法は、(1)スクリーニング試験による、短時間で合理的な試験の実施と、(2)スクリーニング試験で 検出されたものについて、高度な機器分析による正確な定性、定量を行うものです。
 すべての試験はRoHSに関する試験所認定(ISO/IEC 17025)に準じて実施し、信頼性の高い結果をご提供します。

  • 分析フロー図
    分析フロー図