業務案内

  1. Home
  2. 業務案内
  3. 食品・製品等の分析、評価
  4. 金属の分析

金属の分析

  1. 金属の分析

金属の分析

 金属の分析は、どのような種類の金属が、どれくらいの量入っているかを求めることになります。

 どのような金属が存在しているかの分析は、定性分析といい、蛍光X線、X線回折法があります。非破壊分析で行うことが可能です。EPMA(電子線マイクロアナライザー)を用いれば、微小(数ミクロのオーダー)の試料についても定性分析が可能になります。

 どれくらいの量が存在しているかは、定量分析といい、試料を液化し、その後、ICP(誘導結合高周波プラズマ発光分光分析)や、原子吸光光度計を用いて、定量を行います。

  • 蛍光X線装置
    蛍光X線装置
  • EPMA(電子線マイクロアナライザー)
    EPMA
    (電子線マイクロアナライザー)
  • ICP
    ICP