業務案内

  1. Home
  2. 業務案内
  3. クロマトグラフィー用カラム
  4. G-columnについて

G-columnについて

  1. カラムの種類
  2. 特徴
  3. 選択
  4. 分析のコツ

G-column の種類

液相の種類(Fig.1)

製品 液相組成 相当品 極性 最高
使用温度
主な分析用途
G-100 Methyl Silicone SE-30
OV-1
OV-101
SP-2100
280℃※1 一般分析、溶剤分析
G-205 5% Phenyl methyl silicone SE-52
SE-54
310℃※1 一般分析、溶剤分析
G-230 30% Phenyl methyl silicone OV-61
DC-550
300℃ 微極性化合物分析
G-250 50% Phenyl methyl silicone OV-17 300℃ ステロイド・医薬品・農薬等の中極性化合物分析
G-300 Polyethylene glycol PEG-20M 220℃ 極性化合物分析
G-450 50% Trifluoropropyl methyl silicone DC-QF-1 230℃ シス-トランス異性体分析
G-950 Porous polymer Porapak Q ※2 200℃ 低沸点化合物分析、ガス分析

※1 高膜厚(5 μm)は250℃です
※2 Porous polymer の他にシリコン系の液相を使用しております。通常のPorapak Q とは若干異なります

カラムサイズ

  膜厚
製品  
0.1 μm 0.5 μm 1 μm 2 μm 3 μm 5 μm 25 μm
G-100   20 m, 40 m 10 m, 20 m, 40 m 20 m, 40 m 20 m, 40 m 20 m, 40 m  
G-205 20 m, 40 m 20 m, 40 m 10 m, 20 m, 40 m 20 m, 40 m   20 m, 40 m  
G-230   20 m, 40 m 20 m, 40 m 20 m, 40 m      
G-250   20 m, 40 m 20 m, 40 m        
G-300   20 m, 40 m 20 m, 40 m 20 m, 40 m      
G-450     20 m, 40 m        
G-950             20 m, 40 m

* 内径1.2 mm