業務案内

  1. Home
  2. 業務案内
  3. クロマトグラフィー用カラム
  4. G-columnの取り付け

G-columnの取り付け

  1. G-columnとリードキャピラリーの接続
  2. G-columnとGCの接続

G-columnとリードキャピラリーの接続

画像

G-columnはリードキャピラリー(フューズドシリカキャピラリー) を介してガスクロマトグラフに接続します(Fig.1)。

リードキャピラリーの種類

G-columnに接続するリードキャピラリーは3種類あります。リードキャピラリーを替えると、その他の部品も合わせて替える必要があります。

型式 内径 長所 短所 他の部品

RN-5

0.25 mm

柔軟性があり、扱いやすい

大量注入時にカラムへの試料導入が滞り、早く溶出するピーク形状が悪い

Fig.2

RN-6

0.32 mm

柔軟性があり、扱いやすい
RN-5と比較し、ワンタッチインサートに挿し込んだときのフィット感が分かりやすい

大量注入時にカラムへの試料導入が滞り、早く溶出するピーク形状が悪い

Fig.3

RN-7

0.53 mm

大量注入時のカラムへの試料導入がスムーズなため、 ピークの切れが良い

RN-5、RN-6に比較し柔軟性が低く 扱いにくい

Fig.4


 
     
 
ページの先頭へ戻る

G-columnとリードキャピラリーの接続方法

Fig.5 に接続方法を示します。G-column はガラス製です。破損の原因となりますので、組立の際は無理な力を加えないように充分注意してください。