業務案内

  1. Home
  2. 業務案内
  3. クロマトグラフィー用カラム
  4. L-column ODS-L

L-column ODS-L

  1. 製品情報
  2. Line up

L-column ODS-Lの製品情報

物性情報

  • 粒子径 5μm
    細孔径 12 nm
    比表面積 340 m2/g
    炭素含有量 17%
    修飾基 C18(Octadecyl)
    エンドキャッピング法 高温気相エンドキャッピング
    USP category L1
    使用pH範囲 pH2〜9
  • 画像

 L-column ODS-Lは、目詰まりしにくい特殊な高性能フリットを装着しています(Fig.1)。前処理で完全に除去できない微粒子などの詰まりによるカラム圧力上昇を極限まで抑え、長期間安定して使用できます。

  • L-column ODS-L

高性能フリットとは

  • Fig.1 フリット(従来品)表面のSEM写真
    Fig.1 フリット(従来品)表面拡大

 従来のカラムでは、フリットの隙間に充填剤が入り込んでしまい(Fig.1)、移動相の流路が狭くなっています。このため試料中の微粒子が詰まりやすくなり、カラム圧力が上昇します。
 高性能フリットは、フリットの間隙に充填剤や試料由来の微粒子が入り込みにくい特殊な構造になっています。フリットが目詰まりしにくいため、カラム圧力が上昇しません。

ページの先頭へ戻る

耐久性

  • Fig.2 耐久性試験
    Fig.2 耐久性試験拡大

 粉末緑茶の浸出液を注入したときのカラム圧力は、従来品では注入回数とともにカラム圧力が上昇し、100回注入時には初期値の3倍となってしまいます。L-column ODS-Lは100回注入後でもカラム圧力はほとんど変化がありません。もちろん分離能の低下もありません(Fig.2)。