業務案内

  1. Home
  2. 業務案内
  3. 化学物質規制対応及びリスク評価
  4. GHS分類とSDSの作成業務米国向けGHS対応SDS作成

米国向けGHS対応SDS作成

  1. 米国向けGHS対応SDS作成

米国向けGHS対応SDS作成

■CERIの業務内容

2012年に米国労働安全局(OSHA)の危険有害性周知基準(HCS; Hazard Communication Standard)にGHSが導入され、米国でもGHS対応SDS・ラベルが必要となりました。

 本機構では、お客様のご要望にお答えし、HCSに対応した分類の実施とSDSを作成いたします。

 

米国向けSDS・ラベルの作成
  • 和文、英文いずれのSDSからも作成が可能です。
  • SDSがない場合でも、成分情報等から作成が可能です。
  • 混合物中の成分情報の開示について、適切なアドバイスが可能です。
  • ご要望に応じて、NFPA、HMISの表示システムに従った表示も含めた作成が可能です。
  • GHS対応ラベル例
    GHS対応ラベル例
    (http://www.osha.gov/Publications/OSHA3492QuickCardLabel.pdfより引用)
ページの先頭へ戻る

■HCS 2012の主なポイント

HCS2012はいわば米国版GHSです!

  • 米国労働安全局(OSHA)の危険有害性周知規則(以下、HCS)は、米国の作業分野における化学品の危険有害性情報伝達(SDS, ラベル等)に関する主要な規則です。
  • これまでHCSにはGHSは未導入でしたが、2012年3月にGHSを導入した最終規則(以下、HCS 2012)が公表されました。
  • HCS 2012は2012年5月に施行され、段階的に導入されます(下記「導入スケジュール」参照)。これにより、今後は、米国でもGHS対応のSDS、ラベルが必要となりました。
  • HCS導入スケジュール

■GHS導入に伴う主な変更点

国連GHS (改訂3版)対応となりますが、異なる部分もあります!

  HCS 1994 HCS 2012
危険有害性の定義 ・HCSの定義に基づく物理
 化学的危険物、健康有害
 物質
・許容濃度が設定された物質
・発がん性物質
<国連GHSとの主な相違点>
・独自の危険有害性あり
・環境有害性の導入無し
国連GHS(改訂3版)に対応した
・物理化学的危険性 16項目
・健康有害性 10項目
+自然発火性ガス、窒息剤、可燃性ダスト
混合物の濃度限度 絵表示等の具体的なラベル要素の規定なし
国連GHS(改訂3版)に対応したラベル要素
国連GHS(改訂3版)に対応したラベル要素
製品の特定/Signal word/
Hazard Statement(s)/
Precautionary Statement(s)/Pictogram(s)/
製造者、輸入者等の連絡先
SDS 12項目 国連GHS(改訂3版)に対応した16項目
用語 MSDS SDS
ページの先頭へ戻る

■導入スケジュール

対応期限等 対応事項等
2013年12月1日 化学品を取り扱う雇用者は従業員に対して、新たなラベル及びSDSに関する教育を行う。
2015年6月1日 化学品の製造業者、輸入業者、流通業者及び雇用者は、下記(i)、(ii)を除く全てについて、HCS2012への対応を行う。
2015年12月1日 (i)化学品の流通業者は、2015年12月1日以降、HCS2012に従ったラベル対応がなされていない容器を出荷してはならない。
2016年6月1日 (ii)化学品を取り扱う雇用者は、必要に応じて、作業場におけるHCS2012に従ったラベルの更新、危険有害性周知プログラムの更新、及びHCS2012による新たな危険有害性の特定に伴う追加的な従業員教育を実施する。

 

お気軽にお問合せください。
お問合せ先:安全性評価技術研究所 研究第二部
〒112-0004 東京都文京区後楽1-4-25 日教販ビル7F Tel:03-5804-6136