先輩の声

責任ある仕事を任され大きく成長 化学物質安全部門 坪倉 美文 CERIの仕事
世の中に出る前に安全性を確認する

作業風景

 化学物質安全部門は、化学物質が人の健康及び自然環境に与える影響を評価するために、化審法(化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律)に基づいて、化学物質の安全性に関する情報を取得する試験(安全性試験)を行っています。
 私は、安全性試験の一つである「遺伝毒性試験」のうち、「Ames試験」に携わっています。Ames試験は、化学物質が遺伝子へ作用し突然変異を生じさせるかどうかを細菌を用いて調べる試験で、工業製品の原料だけではなく、医薬品や食品など、意外と皆さんの身近な日用品も対象となることがあります。

仕事を通して自分の成長を実感できる

 入構したときは安全性試験の一つである「分解度試験」を行う久留米事業所に配属され、慣れない機器分析と、初めてのGLP(優良試験所基準)という試験実施体制に非常に苦戦した覚えがあります。
 目の前の試験をこなす事でとにかく精一杯でしたが、年数を経て、経験を重ねたことで、自分の力で試験に取り組むことができるようになりました。
 日田事業所に異動となってからは、全く新しい業務内容ではありましたが、今まで得た知識・経験を仕事に生かせるようになれたと思います。
 現在、私は試験責任者として試験や現場担当者の管理も行っています。
 Ames試験は年間を通して非常に多くの件数を実施しています。そのため、試験や現場の管理を確実に行わないと業務が滞ったり、事故が発生する可能性があるため、非常に重要な仕事として毎日慎重に取り組んでいます。
 また、久留米事業所での経験を生かし、まだ実施可能な試験機関は国内ではごくわずかである「ガスAmes試験」を担当しています。ガスAmes試験は、従来のAmes試験の手法では難しいとされる、ガス状物質及び37℃以下でガス状となって揮散する高揮発性物質の変異原性評価です。今までコツコツと勉強し身につけてきた知識や技術を生かすことができることにとてもやりがいを感じています。
 また、関連して、ガスAmes試験の対象となる物質よりもやや沸点の高い揮発性化学物質のAmes試験法開発にも自主研究として取り組み、今年、この自主研究に関して初めて学会発表を行いました。「新たな試験法・評価法の開発」に自ら取り組むことができ、更なるやりがいと責任を感じます。
 将来は、これら自主研究成果の論文化を目指したいと考えています。

プライベートと仕事のバランス

 平日は業務が忙しく、なかなか自分の時間を取ることが難しい時期もありますが、土日の休日や振替休日はしっかり取ることができます。
 また、夏期休暇取得など、特別休暇の制度もしっかりしているので、毎年趣味の旅行にも行くことができており、1年を通して仕事とプライベートのバランスを取ることができていると思います。

CERIを志望される皆さんへメッセージ
   

 CERIの業務は、トップクラスの最新の評価技術を生かした社会貢献度の大きな仕事だと思います。
 学生の皆さんには一見、難しく不安に感じるかもしれませんが、入構後は優しく楽しい先輩方がいろいろサポートしてくれるのでどうぞ安心してください。すぐになじむことができると思います。
 また、若手のうちから責任ある仕事を任されたり、研究開発など、様々なことにどんどん挑戦させてもらえるチャンスがたくさんあるので、やりがいを持って仕事ができると思います。
 プライベートでも、優しく楽しい仲間たちと充実した社会人生活を送ることができます。
 皆さんとCERIで一緒に働けるのを楽しみにしています!

 
 
 
1日のスケジュール
プロフィール
 

学生時代は、生命化学を専攻。 植物と微生物の共生に関する研究を行う研究室に所属し、窒素固定細菌の遺伝子組み換え法に関する研究に取り組んだ。