業務案内

  1. Home
  2. 業務案内
  3. ゴム・プラスチックの総合評価試験
  4. 生分解性

生分解性

  1. 生分解性

生分解性

 様々な手法で生分解性プラスチックの生分解性を評価します。

 植種源や分解評価方法が異なる、様々な生分解性プラスチック評価方法に対応し、生分解性プラスチックの生分解性を評価します。JISやISO等に定められた規格試験の他にも、製品を土壌に埋設して生分解性を評価する本機構独自の「土壌埋設試験」も実施しています。まずはご相談ください。
 本機構は、日本バイオプラスチック協会(JBPA)の認定試験機関の一つであり、グリーンプラ識別表示制度のポジティブリスト記載申請に必要な試験を実施することができます。

 

  • 規格試験
試験規格 JIS K 6950
(ISO 14851)
JIS K 6953-1
(ISO 14855-1)
JIS K 6953-2
(ISO 14855-2)
JIS K 6955
(ISO 17556)
規格名称 プラスチック―水系培養液中の好気的究極生分解度の求め方―閉鎖呼吸計を用いる酸素消費量の測定による方法 プラスチック−制御されたコンポスト条件下の好気的究極生分解度の求め方−発生二酸化炭素量の測定による方法−第1部:一般的方法 プラスチック−制御されたコンポスト条件下の好気的究極生分解度の求め方−発生二酸化炭素量の測定による方法−第2部:実験室規模における発生二酸化炭素の質量測定方法 プラスチック−呼吸計を用いた酸素消費量又は発生した二酸化炭素量の測定による土壌中での好気的究極生分解度の求め方
概要 水系での好気的生分解性試験 制御されたコンポスト中での好気的生分解性試験 土壌中での好気的生分解性試験
植種源 活性汚泥 コンポスト 土壌
分解
評価方法
酸素消費量(BOD)
(クーロメータ)
CO2発生量 CO2発生量
(MODA法)
酸素消費量(BOD)
(クーロメータ)
CO2発生量
試験期間 〜6か月※ 〜6か月※ 〜6か月※ 〜6か月※

※早く定常期に至った場合は培養期間を短縮できます。また、試料の生分解が有意に進行している場合には培養期間を延長することも可能です。

  • JIS K 6950(ISO 14851)
    JIS K 6950(ISO 14851)
  • JIS K 6953-1(ISO 14855-1)
    JIS K 6953-1(ISO 14855-1)
  • JIS K 6953-2(ISO 14855-2)
    JIS K 6953-2(ISO 14855-2)
  • 土壌埋設試験

 微生物活性な土壌に製品を数か月〜年単位で埋設し、外観観察、SEM観察、FT-IR分析、重量測定、分子量測定などにより、分解度を評価します。本機構独自の試験方法で、実用に最も近い生分解性評価試験といえます。

  • 土壌埋設試験
    土壌埋設試験