業務案内

  1. Home
  2. 業務案内
  3. ゴム・プラスチックの総合評価試験
  4. 加熱発生ガスの分析

加熱発生ガスの分析

  1. 加熱発生ガスの分析

加熱発生ガスの分析

 製品から出るガス成分を把握しておくことにより、発生ガスが原因で生じる様々なトラブルを回避できます。加熱発生ガス分析は試料を加熱したときに発生するガスの種類や発生量を調べます。残留モノマーや残留溶媒を把握する上で有効な手法となります。数mgのごくわずかな試料でも加熱時の発生ガスの同定・定量分析が可能です。加熱脱着ガスクロマトグラフ質量分析装置(TCT-GC/MS)を使用し、加熱温度は50℃から300℃まで測定可能です。

ご希望の加熱温度で試料から発生する
微量なガス成分の種類と発生量の情報が得られます

 

  • 加熱発生ガスの分析例
  • 精密機器用Oリング
    精密機器用Oリング
  • 試料量 数mg〜
    加熱温度 50〜300℃


    精密機器用Oリング
    加熱脱着ガスクロマトグラフ質量分析装置
  • 加熱発生ガスの同定・定量例
  • 150℃×10分間加熱時のTCT-GC/MS
    150℃×10分間加熱時のTCT-GC/MS
  • No 物質名 発生量 (μg/g)
    @ トリクロロメタン 15000
    A t‐ブチルフェノール 700
    B アセトフェノン 300
    C フタル酸ジエチル 250