業務案内

  1. Home
  2. 業務案内
  3. ゴム・プラスチックの総合評価試験
  4. 分子量分布の測定

分子量分布の測定

  1. 分子量分布の測定

分子量分布の測定

 一般的に高分子材料(ポリマー)は、その分子量及び分子量分布に物性が大きく左右されます。また、使用する高分子によっては成形条件や使用過程において分子量分布が変化し、製品性能が低下する(劣化する)可能性があります。
 分子量及び分子量分布はゲル浸透クロマトグラフィー(GPC)で測定することができます。GPCでは次式で定義される重量平均分子量( Mn)、数平均分子量(Mw)、多分散度(Mw/Mn)が得られ、有機溶媒や水に可溶な高分子について、測定可能です。

  • 重量平均分子量、数平均分子量、多分散度 計算式
  • 高分子の分子量分布(例)
    高分子の分子量分布(例)

 また、常温では溶解しないポリエチレン(PE)やポリプロピレン(PP)などは高温GPCにより測定が可能です。