業務案内

  1. Home
  2. 業務案内
  3. ゴム・プラスチックの総合評価試験
  4. 事故原因究明

事故原因究明

  1. 事故原因究明

事故原因究明

 本機構では、長年にわたり培った確かな技術力をもとに、各種物性試験や、最先端の分析機器装置を駆使して、高分子製品の劣化や成形不良等、様々な不具合に対して多くの原因調査を行ってきました。
 多くのご依頼を捜査機関や裁判所等の公的機関、製品事故に係る当事者から頂戴しております。我々は第三者機関として、公正で中立な立場から不具合原因の特定、解決法をご提案いたします。

  • 分野

自動車、医療機器、建築材料など幅広い分野の様々な製品、部品に関する不具合について多くの原因調査を実施しています。

ゴム材料

  • パッキン
  • タイヤ
  • ローラー
  • ライニング
  • ガスケット
  • ホース
  • ベルト
  • 引布
  • ダイヤフラム
  • チューブ
  • 免震ゴム
  • その他

プラスチック材料

  • シート
  • タンク
  • ライニング
  • 被覆材
  • フィルム
  • 配管
  • ローラー
  • フォーム材
  • ホース
  • 継手
  • 不織布
  • その他

金属、接着剤、塗料などに関する不具合についても、多くの原因調査を実施しています。

 

  • 事象

様々な不具合に関して、原因調査を実施しています。

  • 劣化
  • 変形
  • 剥離、接着不良
  • 異物
  • 腐食
  • 破壊、破断、破損
  • 変色、シミの発生
  • 硬化、軟化
  • 異臭
  • その他
  • 割れ、亀裂
  • 白化
  • 材料強度の低下
  • 膨張

お困りのことがございましたら、左上問合せフォームから又は以下にお問い合わせください。
東京事業所 高分子技術部 
TEL 0480-37-2601 FAX 0480-37-2521