業務案内

  1. Home
  2. 業務案内
  3. 環境調査(水・大気・土壌)
  4. 環境汚染物質の実態調査(環境モニタリング)

環境汚染物質の実態調査(環境モニタリング)

  1. 環境汚染物質の実態調査(環境モニタリング)

環境汚染物質の実態調査(環境モニタリング)

 近年、地球温暖化、オゾン層破壊、酸性雨等地球規模の環境問題への関心が高まってきています。
 また、化学物質の製造、販売者は、使用された後の化学物質の環境への影響を把握し、環境リスク評価、リスクコミュニケーションを的確に行うことが求められています。
 そのため、環境中での化学物質の分布を正しく把握することが不可欠となっています。

 本機構は、広範囲にわたる環境汚染物質の調査地点の選定や調査頻度等、調査計画、サンプリング、分析はもちろんのこと、拡散範囲・減衰状況調査による環境影響評価、分解物・代謝物も含めた調査による環境動態の解明等を一貫して行うことができます。

調査対象物質

  • ダイオキシン類
  • 農薬
  • フタル酸エステル類
  • 界面活性剤
  • 有機スズ
  • 流出油
  • 揮発性有機化合物(VOC)
  • 内分泌かく乱作用の疑いのある物質(環境ホルモン物質)
  • 難分解性有機化合物(POPs)
  • その他化学物質等

適用調査

  • 河川・湖沼・海域の水質調査
  • 大気調査
  • 土壌調査
  • ガスクロマトグラフ質量分析計(GC/MS)
    ガスクロマトグラフ質量分析計(GC/MS)
  • 高速液体クロマトグラフ質量分析計(HPLC/MS)
    高速液体クロマトグラフ質量分析計
    (HPLC/MS)