業務案内

  1. Home
  2. 業務案内
  3. 環境調査(水・大気・土壌)
  4. 作業環境の測定

作業環境の測定

  1. 作業環境の測定

作業環境の測定

 労働衛生管理の基本は、「作業環境管理」、「作業管理」、「健康管理」の3管理を適切に行うことが中心となります。
 作業環境測定は、測定を的確に行いその結果を適正に評価することにより3管理の基礎となる重要な役割をもっています。

 本機構では、作業場の粉じん、特定化学物質、鉛、有機溶剤の測定をはじめ、がん原性指針対象物質、騒音、温湿度、ふく射熱等の測定も行っています。
 サンプリング・分析の後、物質ごとに決められた管理濃度をもとに評価を行い、管理区分を決定します。管理濃度がない物質に関しては、海外基準や有害性に関する文献値から評価を行います。
 また、1年に1回自主点検が法令で義務づけられている換気装置、局所排気装置等の性能確認(制御風速)も実施しています。

 なお、今後、企業におけるリスクマネージメントの観点から労働者暴露のリスク評価が必要となってきます。現在使用しているが評価基準がない物質、あるいは使用が検討されている物質などに関してのリスク評価も行います。ご相談ください。

作業環境測定の流れ

デザイン   単位作業場ごとに作業者の行動範囲、有害物質の拡散範囲を考慮して測定ポイント・測定点数を決定します。
   
サンプリング   直接採取、ろ過捕集、固体捕集、液体捕集等適切な採取方法でサンプリングします。
   
分   析   原子吸光法、ガスクロマトグラフ法等で分析後、空気中濃度に換算します。
   
評   価   作業環境測定基準に基づいて評価を行い、管理区分(第1〜第3管理区分)を決定します。
   
報告書発行   上記内容を明示した報告書を発行いたします。
この報告書は、お客様において有害物質の種類により3〜40年間の保存が義務付けられています。