業務案内

  1. Home
  2. 業務案内
  3. クロマトグラフィー用カラム
  4. L-columnシリーズについて

L-columnシリーズについて

L-column シリーズの接続タイプについて

 LCカラムには接続タイプ(LCカラムメーカーによってはジョイントタイプ、カラムネジ型式、ネジのタイプとも表記する場合があります)があります。カラムとLC配管の接続タイプが合っていないと、デッドボリュームや液漏れが生じ、ピーク形状や再現性が悪くなり、無理に接続すると、ネジ山を傷付けることがあります。

接続タイプについて

 現在市販のLCカラム及びLCシステム配管のほとんどが1/16”O.D.インチネジ(No.10-32UNF)を使用しています。
接続タイプとは、フェラル先の配管の長さ(下図「a」)がそれぞれ異なることにより区別されます。必ずLC配管とカラムの接続タイプを合わせる、又はタフコネクターを用いて、デッドボリュームが生じないように接続してください。

  • カラム・LCシステム配管ジョイント