業務案内

  1. Home
  2. 業務案内
  3. ゴム・プラスチックの総合評価試験
  4. 表面分析

表面分析

  1. 表面分析

表面分析

 高分子材料の変色や接着低下、剥離などの不具合は表面や界面で起こる現象です。また、高分子材料の劣化は、基本的に熱・光などの外的因子の影響で表面から内部へと進行するため材料の表面状態を把握することは劣化挙動を知るうえで重要です。高分子材料だけではなく金属やガラスなど表面分析は多岐にわたる分野で用いられています。
 以下の装置により、固体材料表面及び界面の形態、構成元素、元素組成、元素分布、元素の結合状態、モルホロジー、粘弾性特性などを評価することが可能です。

表面分析対象例
  • 表面におけるゴム・プラスチック材料の劣化解析
  • 表面付着物の分析
  • 各種表面処理を施した試料の評価
  • 変色・着色原因の調査
  • 接着不良原因の調査
  • 金属の表面酸化膜の評価
  • 金属の腐食状態の調査
  • ブレンドポリマーのモルホロジー

表面や界面などの形態観察はこちら