業務案内

  1. Home
  2. 業務案内
  3. ゴム・プラスチックの総合評価試験
  4. 環境試験

環境試験

耐候性試験とは

耐候性とは

 製品は屋外で長時間の使用により経年劣化が起こります。劣化に寄与する因子は複数存在します。
 代表的な劣化因子として、太陽光(主に紫外線)、気温差、降雨や結露による水分、オゾン、海岸地域での塩分による腐食が挙げられます。これらの劣化に対する抵抗性は耐候性と定義され、材料の選定、寿命を予測するうえで重要な評価項目です。

促進耐候(光)性試験機

 耐候性は劣化因子を特化させた促進耐候(光)性試験機により短時間で評価可能です。多種類の光源及び試験機と豊富なオプションが揃っていますので、JISや ISOをはじめとする多くの工業規格、建築業界や自動車の団体規格にも対応可能です。
 また、材料の使用目的に応じた試験機や条件設定については、豊富な経験からご提案できます。