研究開発・支援等

  1. Home
  2. 研究開発・支援等
  3. 研究表彰事業
  4. CERI最優秀発表論文賞

研究表彰事業

 本研究表彰事業は、化学物質の評価・管理に関連した研究分野において科学技術の進歩・発展に貢献する優れた研究に対する学会での表彰を支援するものです。

CERI最優秀発表論文賞

一般社団法人日本ゴム協会主催の年次大会及びエラストマー討論会において、優秀な研究発表を行った研究者を表彰する。

  年度 題名 氏名 所属
第1回 2007年度 フィラー充填ゴムの構造と物性解析(3)
〜地球シミュレータを用いた大規模FEMシミュレーション〜
○内藤 正登
岸本 浩通
村岡 清繁
SRI研究開発株式会社
萩田 克美
荒井 隆
防衛大学校
篠原 佑也
雨宮 慶幸
東京大学
富田 佳宏 神戸大学
数納 広哉
新宮 哲
海洋研究開発機構
第2回 2008年度 SANSコントラストマッチング法による膨潤ゴムの構造解析 ○竹中 幹人
西辻 祥太郎
京都大学大学院工学研究科
網野 直也
石川 泰弘
横浜ゴム株式会社
山口 大輔
小泉 智
橋本 竹治
独立行政法人
日本原子力研究開発機構
第3回 2008年度 小角中性子散乱法による加硫イソプレンゴムの網目構造に関する研究
−配合と網目不均一性−
○池田 裕子
東谷 仁史
小久保 陽太
森田 勇一
京都工芸繊維大学
鈴木 拓也
大坂 昇
遠藤 仁
柴山 充弘
東京大学
谷 信三 マヒドン大学
第4回 2009年度 磁性微粒子を含む高分子ゲルの弾性率の磁場応答性 ○三俣 哲
阿部 憲幸
山形大学
第5回 2009年度 リサイクル特性を持つポリロタキサンネットワークの合成 ○高坂 泰弘
小山 靖人
高田 十志和
東京工業大学大学院
第6回 2010年度 ポリカルボシランの架橋による新しいゴムの創成 ○奥 淳一
長谷川 祐太
名古屋工業大学
第7回 2010年度 ヒマシ油由来新規加硫ゴム素材の合成と物性 ○江端洋樹
有野恭巨
白田 孝
三井化学株式会社
松村秀一 慶応義塾大学
第8回 2011年度 熱可塑性エラストマー中に形成されるミクロ相分離構造の放射光小角X線散乱法による解析
〜一軸延伸過程における球状ミクロドメイン構造の配列規則性変化のリアルタイム追跡
○櫻井 伸一
幸田 拓也
佐々木 園
京都工芸繊維大学
今泉 公夫 旭化成株式会社
第9回 2011年度 ゴム接着処理後のブラス表面の角度分解光電子分光解析 ○鹿久保 隆志
網野 直也
横浜ゴム株式会社
小澤 健一 東京工業大学
第10回 2012年度 加硫天然ゴムの架橋点の構造と力学物性 ○河原 成元
Oraphin Chaikumpollert
長岡技術科学大学
山本 祥正 東京工業高等専門学校
第11回 2012年度 ナノ触診AFMによるエラストマー不均一構造の解析II ○中嶋 健
伊藤 万喜子
藤波 想
西 敏夫
東北大学
岩蕗 仁
浦部 匡史
岡山県工業技術センター
第12回 2013年度 高分子におけるロタキサン連結がもたらす効果 ○高田 十志和
小山 靖人
中薗 和子
東京工業大学
第13回 2013年度 ラテックス・酸化物ナノ粒子の混合水分散系を用いた高分子複合材料の微構造制御 ○木村 総一郎
若子 竜也
浅井 一輝
棚橋 満
名古屋大学大学院
第14回 2014年度 架橋した架橋剤を用いるビニルポリマーへのロタキサン架橋の導入 ○飯島 圭祐
打田 聖
高田 十志和
東京工業大学大学院
第15回 2014年度 ポリシラン添加によるPPの各種物性改質技術に関する研究 ○徳満勝久
林 明日香
滋賀県立大学
福西佐季子
高野一史
大阪ガスケミカル株式会社
岡本正巳 豊田工業大学
第16回 2015年度 架橋樹脂粉砕物複合ゴムの補強メカニズムに関する研究(3)
マトリクス・架橋樹脂粉界面の制御による特性変化挙動評価
○澤田 大輔
宮崎 秀行
上村 拓郎
原野 健一
西脇 剛史
株式会社アシックス
第17回 2015年度 LATS下におけるシリカ配合SBRの非線形粘弾性 ○戸田 裕美
五十野 善信
長岡技術科学大学大学院
佐藤 有二
宮下 直士
加々美 茂
横浜ゴム株式会社
第18回 2016年度 EHD対流を用いたナノダイヤネットワーク形成における作成条件の影響 ○赤坂 修一
森田 啓介
浅井 茂雄
東京工業大学大学院
藤森 厚裕 埼玉大学大学院
第19回 2017年度 スピントラップ法によるポリブチレンテレフタレートの熱劣化反応の解析 ○宗野 雅代 京都工芸繊維大学大学院
木梨 憲司
坂井 亙
堤 直人
京都工芸繊維大学